海外FXレバレッジ比較|計算と制限・規制のルールまとめ!

海外FXのレバレッジ比較|計算と制限・規制のルールまとめ!

海外FX業者は日本の金融庁によるレバレッジ制限を受けないため、最低でも400倍・最大で1,000倍や3,000倍・さらに無制限のレバレッジでトレードすることができます。

一方で、海外FX業者によってはレバレッジに制限や規制がかかることもあり、ルールを知っておかないと大きな損失に繋がりかねません。

本記事では海外FXのレバレッジを比較しながら紹介すると同時に、レバレッジの計算方法や制限・規制までわかりやすく解説します!

目次

海外FXのレバレッジおすすめランキング比較表

海外FXのレバレッジランキング比較表
海外FX業者最大レバレッジ
Exness無制限
BigBoss2,222倍 (※デラックス口座のみ)
Vantage2,000倍 (※プレミアム口座のみ)
easyMarkets2,000倍 (※MT5口座のみ)
HFM2,000倍
XMTrading1,000倍
FXGT1,000倍
Swift Trader1,000倍
XS1,000倍
Axi1,000倍
IC Markets1,000倍
IS6FX1,000倍
IronFX1,000倍
AXIORY1,000倍 (※マックス口座のみ)
ThreeTrader500倍
TitanFX500倍
MYFXMarkets500倍
海外FXレバレッジランキング比較表

海外FX業者をレバレッジが高い順にランキング形式で並べたのが上の表になります。

もっともレバレッジが高い海外FX業者は無制限、もっともレバレッジの低い海外FX業者でも400倍です。日本国内のFX業者の最大レバレッジが25倍なので、海外FX業者はケタ違いのレバレッジでトレードできることがわかります。

まずはレバレッジとはそもそも何なのか、計算方法などの基礎知識から解説します!

海外FXのレバレッジとは

海外FXのレバレッジとは

海外FXのレバレッジの基礎知識について解説します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

レバレッジとは

レバレッジとは、小さな力で大きなものを動かす「てこの原理」のことです。FXで言えば、レバレッジをかけることで小さな元手(証拠金)であっても大きな金額のトレードができるようになります。

レバレッジとは「てこの原理」という意味ですが、金融業界でレバレッジといった場合には、借り入れを利用することで、自己資金のリターン(収益)を高める効果が期待できることを指します。

SMBC日興証券のHPより引用

たとえば自己資金が10万円だとすると、レバレッジ100倍の口座では「10万円×100倍」で1,000万円分の取引ができるようになるイメージです。

レバレッジをかけることで大きなリターンが期待できる反面、損失も大きくなってしまうリスクがあることも理解する必要があります!

国内FX業者と海外FX業者のレバレッジの違い

スクロールできます
FX業者国内FX業者海外FX業者
最大レバレッジ25倍無制限あり
レバレッジ制限ないあり
ゼロカットシステムなし(追証あり)あり(追証なし)
国内FXと海外FXのレバレッジの違い

国内FX業者と海外FX業者のレバレッジには、主に「最大レバレッジ」「レバレッジ制限」「ゼロカットシステム」という3つの違いがあります。

国内FX業者は日本の法律で規制されているため、最大でも25倍のレバレッジまでしか掛けることができません。また、相場が急変動して残高がマイナスになった場合、そのマイナス分をトレーダーが支払わなければならないため、金額によっては借金のリスクもあります。

一方で、海外FX業者は日本の金融庁の規制を受けないため、ブローカーによって最大レバレッジが1,000倍や3,000倍、さらに無制限といったところもあります。また海外FX業者は「ゼロカットシステム」というマイナス残高を補てんしてくれる仕組みがあるため、入金額以上に損するリスクは0です。

「ハイレバレッジは危険だ!」と言われることも多いですが、海外FX業者はゼロカットシステムのおかげで最大損失額が入金額まで、と決まっているのは大きなメリットです。

レバレッジの計算方法

レバレッジは、次の計算式で求めることができます。

レバレッジの計算方法

レバレッジ = (現在の為替レート×取引数量) ÷ 証拠金

  • 1ドル=150円
  • 取引数量=100,000ドル(海外FXの1ロット)
  • 証拠金=10万円

例として、上記のように証拠金を10万円用意したとします。1ドル=150円のとき、海外FXで一般的な1ロット=100,000通貨でエントリーしたとすると、レバレッジは次のように計算できます。

(150円×100,000ドル) ÷ 100,000円 = 150倍 (レバレッジ)

上記のように、150倍のレバレッジがかかっているということになります。

エントリーするタイミングで、為替レートや一度入金した証拠金額は変更することができません。つまり、レバレッジの高さは取引数量(ロット数)で決まります。

ハイレバレッジには大きなリターンだけでなく大きな損失のリスクもあるので、無理なロット数でエントリーしてレバレッジが高くなりすぎないように注意が必要ですよ!

「どれくらいのレバレッジで取引するといくらの証拠金が必要になるのか」については、XMの証拠金計算ツールで確認するのが便利なので使ってみてください。

海外FXのレバレッジのメリット・デメリット

海外FXのレバレッジのメリット・デメリット
海外FXのレバレッジ
メリット
  • 小額でトレードを始めることができる
  • 大きな利益を狙うことができる
  • 入金額以上の損失がでない
デメリット
  • 1回のトレードで大きく資金を失う可能性がある
  • 最大レバレッジに制限がかかることがある
  • 証拠金が少ないとロスカットされやすい

海外FXのレバレッジ取引には、必ずおさえておくべきメリットとデメリットがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう!

レバレッジのメリット

海外FXでレバレッジ取引をするメリットは、主に上記の3つです。

それぞれ詳しく解説します。

メリット①:小額でトレードを始めることができる

海外FXでレバレッジ取引をするメリット1つ目は「小額でトレードを始めることができる」ことです。

レバレッジは「てこの原理」と同じなので、最大レバレッジが高ければ高いほど小額でトレードを始めることができます。

例えば、1ドル=150円のときにドル円を100,000通貨(=1ロット)で取引する場合、各レバレッジの高さと必要証拠金の関係は次のとおりです。

レバレッジ必要証拠金
1倍15,000,000円
25倍600,000円
500倍30,000円
1,000倍15,000円
海外FXのレバレッジと必要証拠金の関係

もしレバレッジをかけない(=レバレッジ1倍)場合は、1ロットでエントリーするためには1,500万円もの証拠金が必要になります。

一方でレバレッジ1,000倍の口座でトレードする場合、1ロットでエントリーするには証拠金が15,000円で済みます。

最大レバレッジ25倍の国内FX業者よりも、さらにレバレッジの高い海外FX口座なら資金が少ない方であってもトレードを始めることができますよ!

メリット②:大きな利益を狙うことができる

海外FXでレバレッジ取引をするメリット2つ目は「大きな利益を狙うことができる」ことです。

レバレッジが高ければ高いほど、より大きなリターンを狙うことが可能になります。

例えば1ドルが100円で、為替レートが変動し1ドル101円になったとします。このとき、証拠金10万円で1ロットの買いポジションを持っていたとしましょう。

レバレッジ利益額
1倍1,000円
25倍2,500円
500倍50,000円
1,000倍100,000円
レバレッジと利益額の関係

各レバレッジの高さと利益額の関係は、上の表のようになります。レバレッジをかけないと、利益額は1,000円です。

一方でレバレッジ1,000倍の口座でトレードした場合、ドル円の為替レートが1円動くと利益額は100,000円になります。

このように、レバレッジが高ければ高いほど効率的に稼ぐことができるというメリットがありますよ!

メリット③:入金額以上の損失がでない

海外FXでレバレッジ取引をするメリット3つ目は「入金額以上の損失がでない」ことです。

国内FX業者と違い、すべての海外FX業者はゼロカットシステムを採用しています。ゼロカットシステムとは、相場が急変動したときに口座残高がマイナスになっても、そのマイナス分をゼロにリセットしてくれる仕組みです。

ゼロカットシステムの解説画像

海外FXでは、ゼロカットシステムのおかげで国内FX業者で言う「追証(追加証拠金)」が発生しません。

入金額以上の損失はでないので、ハイレバで大きなリターンを狙うことが可能ですよ!

レバレッジのデメリット

海外FXでレバレッジ取引をするデメリットは、主に上記の3つです。

それぞれ詳しく解説します。

デメリット①:1回のトレードで大きく資金を失う可能性がある

海外FXでレバレッジ取引をするデメリット1つ目は「1回のトレードで大きく資金を失う可能性がある」ことです。

ハイレバでトレードするメリットに「大きなリターンを狙える」ことがある反面、資金を大きく失うリスクもあります。

特に資金管理方法を確立していないうちからハイレバレッジでトレードしてしまうと、すぐに資金がなくなってしまうということになりかねません。

証拠金額に対するレバレッジの高さ、特にロット数には注意して取引する必要がありますよ!

デメリット②:最大レバレッジに制限がかかることがある

海外FXでレバレッジ取引をするデメリット2つ目は「最大レバレッジに制限がかかることがある」ことです。

海外FX業者の最大レバレッジは、様々なケースで制限・規制がかかることがあります。

具体的な事例については海外FXのレバレッジ制限で解説しています。どのうようなタイミングで最大レバレッジでトレードできなくなるのか、ブローカーによっても異なるのでしっかり確認しておくようにしましょう!

デメリット③:証拠金が少ないとロスカットされやすい

海外FXでレバレッジ取引をするデメリット3つ目は「証拠金が少ないとロスカットされやすい」ことです。

海外FXでは証拠金維持率が一定の水準を下回ると、安全のために全てのポジションが自動で決済されてしまう「強制ロスカット」が導入されています。

少ない証拠金でもトレードできるのはハイレバのメリットですが、反対に証拠金があまりに少額だとちょっとのマイナスでもロスカットされてしまいます。

ハイレバレッジでトレードするときには、証拠金維持率に十分注意してエントリーする必要がありますよ!

海外FX業者をレバレッジで選ぶときのポイント

海外FX業者をレバレッジで選ぶときのポイント

海外FX業者をレバレッジで選ぶときのポイントを3つ紹介します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

安全性・信頼性・実績がある

Exness(エクスネス)のキプロス本社の画像
Exness(エクスネス)のキプロス本社

まず1つ目のポイントは「安全性・信頼性・実績がある」ことです。

ハイレバレッジが魅力の海外FX業者ですが、なかにはせっかくの利益を没収されてしまったり一方的に口座凍結されたりする悪質なブローカーも存在します。

そのため、海外FX業者を選ぶときには安全性や信頼性・実績をしっかり確認しておく必要があります!

海外FX業者の選び方
  • 金融ライセンスを保有していること。
  • 日本以外の地域でも多くのユーザーを抱えていること。
  • 実際にオフィスを持ち従業員を抱えていること。
  • 有名なスポーツチームのスポンサーになっていること。
  • Google検索やX(旧Twitter)などのSNSに評判や口コミがあること。
  • 良い評判や口コミが投稿されてること。

実際に海外FX業者を選ぶときには、特に上記の6点については必ずチェックしましょう。

具体的には海外FX口座の選び方でも紹介しているので参考にしてみてくださいね!

日本人トレーダーにとって使いやすい

日本人にとっての使いやすさ
  • ホームページやマイページが完全に日本語対応している。
  • 日本人スタッフが常駐している。
  • 日本語サポートデスクが設置されている。

続いて、2つ目のポイントは「日本人トレーダーにとって使いやすい」ことです。

具体的には、上記の3点を満たしている海外FX業者を選びましょう。

特にレバレッジには細かいルールが設定されていることが多いので、日本人スタッフに問い合わせできる環境は必須ですよ!

ストップアウトレベル(ロスカット水準)が低い

さいごに、3つ目のポイントは「ストップアウトレベル(ロスカット水準)が低い」ことです。

海外FX業者は、安全のため証拠金維持率が一定の水準を下回ると強制ロスカットが執行されます。この強制ロスカットが執行される水準のことを「ストップアウトレベル(ロスカット水準)」と呼びます。

ストップアウトレベルが高いと、含み損になったときにすぐポジションが決済されてしまいます。特にハイレバで取引するなら、なるべく含み損に耐えられた方がプラスに転じる可能性が高くなり、トレーダーにとっては有利に働きます。

レバレッジの高さでブローカーを選ぶのも大切ですが、同時にストップアウトレベル(ロスカット水準)の低さも確認しておくようにしましょう!

ハイレバで取引するなら、なるべく長く含み損に耐えられるように、ストップアウトレベル(ロスカット水準)が20%以下の海外FX口座を選ぶのがおすすめです。

海外FX業者のレバレッジおすすめ比較ランキング

海外FX業者のレバレッジおすすめ比較

おすすめの海外FX業者を、レバレッジの高さやFXの経験値にあわせて紹介します!

それぞれ順番に見ていきましょう。

プロトレーダーが使うレバレッジの高いおすすめ海外FX業者は、プロが使うFX会社海外おすすめ7選で紹介しているので参考にしてみてください。

海外FXのレバレッジランキング

海外FX業者最大レバレッジ
Exness無制限
BigBoss2,222倍 (※デラックス口座のみ)
Vantage2,000倍 (※プレミアム口座のみ)
easyMarkets2,000倍 (※MT5口座のみ)
HFM2,000倍
XMTrading1,000倍
FXGT1,000倍
Swift Trader1,000倍
XS1,000倍
Axi1,000倍
IC Markets1,000倍
IS6FX1,000倍
IronFX1,000倍
AXIORY1,000倍 (※マックス口座のみ)
ThreeTrader500倍
TitanFX500倍
MYFXMarkets500倍
海外FXレバレッジランキング比較表

海外FX業者をレバレッジが高い順に並べたのが上の表になります。

もっともレバレッジが高いのは、信頼性・安全性に定評があるExness(エクスネス)です。レバレッジ無制限の開放条件をクリアする必要はありますが、最大レバレッジは21億倍・実質無制限でトレードすることが可能です!

easyMarketsは、2023年6月からMT5口座のみ最大レバレッジが2,000倍に引き上げられました。また、BigBossも2023年に最大レバレッジを1,111倍から2,222倍に引き上げています。

FXGTは海外FX業者のなかで唯一、ビットコインやリップルなどの仮想通貨を最大1,000倍のハイレバレッジでトレードできるのが特徴ですよ!

初心者におすすめのレバレッジが高い海外FX業者

海外FX業者最大レバレッジ
XMTrading1,000倍
Vantage1,000倍
FXGT1,000倍
初心者におすすめの海外FX業者

海外FX初心者という方におすすめのなのが、上記の3つの海外FX業者です。

XMTrading・Vantage・FXGTの3社は運営歴が長く、信頼性・安全性ともに高いブローカーです。さらにどの海外FX業者も口座開設ボーナスを提供しているため、入金不要でトレードを始めることが可能です。

「海外FXのハイレバレッジを体験してみたい」というトレーダーの方は、リスク0で取引を始めることのできる上記の3社で口座開設してみてください!

なお、初心者の方が絶対に使うべき海外FXの口座開設ボーナスについては下の記事で紹介しているので続けて読んでみてください。

あわせて読みたい
海外FXの口座開設ボーナス・ウェルカムキャンペーンおすすめ比較!【2024年6月最新版】 この記事の内容 海外FXの口座開設ボーナス比較表 マイナー海外FX業者の口座開設ボーナス 海外仮想通貨取引所の口座開設ボーナス 海外FXの入金ボーナスキャンペーン 海外...

中級者・上級者におすすめの海外FX業者

海外FX業者最大レバレッジ
Exness無制限
ThreeTrader500倍
AXIORY400倍
中級者・上級者におすすめの海外FX業者

すでに国内FX業者でのトレード歴が長い方や、海外FXを使ったことがある方におすすめの海外FX業者は上記の3つです。

トレードの中・上級者は、レバレッジの高さ以上に取引コストを気にされる方も多いでしょう。実際にExness・ThreeTrader・AXIORYの3社は、海外FX業者のなかでも圧倒的にスプレッドなどの取引コストが安いです。

特に海外FXでスキャルピングをしたいと考えているトレーダーの方は、上記の3社のなかから選ぶことをおすすめしますよ!

なお、海外FX業者のスプレッドについては、海外FXのスプレッドおすすめ比較で紹介しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
海外FXスプレッド比較|狭い・最狭のおすすめ業者3選と選び方の注意点まとめ! 海外FXでは、取引するごとにスプレッドと呼ばれる手数料がかかります。 手数料なのでスプレッドは狭ければ狭いほど良いのですが、スプレッドだけで海外FX業者を選んでも...

CFDのレバレッジ取引におすすめの海外FX業者

海外FX業者最大レバレッジ
Exness無制限
XMTrading1,000倍
Vantage2,000倍 (※プレミアム口座のみ)
CFD取引におすすめの海外FX業者

CFDのレバレッジ取引におすすめの海外FX業者は、上記の3つのブローカーです。

なお、各ブローカーともにCFD取引は銘柄によってレバレッジ制限がかかることがあります。例えばExnessは、ゴールドやシルバーの貴金属CFD取引はレバレッジ無制限でトレード可能ですが、株価指数や仮想通貨の最大レバレッジは400倍に制限されているので注意が必要です。

XMTradingは、狭いスプレッドが特徴のKIWAMI極口座でゴールドを取引するのがおすすめです。Vantageはビットコインなどの仮想通貨CFDを低スプレッド・ハイレバレッジで取引可能です。

CFD銘柄については各社特徴が異なるので、ブローカーを使い分けてトレードするのがおすすめですよ!

海外FXのレバレッジ制限・規制一覧

海外FXのレバレッジ制限・規制

海外FXでは、様々なケースでレバレッジに制限や規制が入ることがあります。

具体的には、次の5つのレバレッジ制限や規制です。

それぞれ順番に見ていきましょう!

口座タイプによるレバレッジ制限・規制

まず1つ目は「口座タイプによるレバレッジ制限・規制」です。

海外FX業者には、ブローカーごとに様々な口座タイプが用意されています。例えばXMTradingは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XMTrading Zero口座(通称:ゼロ口座)」「KIWAMI極口座(極み口座)」という4種類の口座タイプを提供しています。

海外FX業者では、この口座タイプによって最大レバレッジが異なる場合があります。

例として挙げたXMの各口座タイプの最大レバレッジは、次の表の通りです。

口座タイプ最大レバレッジ
スタンダード口座1,000倍
マイクロ口座1,000倍
ゼロ口座500倍
KIWAMI極口座1,000倍
XMの口座タイプ別のレバレッジ制限

上記のように、ゼロ口座のみ最大レバレッジが500倍に制限されています。

特にXMのゼロ口座のようにスプレッドが狭い口座タイプ(ECN口座)については、最大レバレッジが低く設定されていることが多いので注意が必要ですよ!

証拠金残高によるレバレッジ制限・規制

続いて2つ目は「証拠金残高によるレバレッジ制限・規制」です。

海外FX業者によっては、証拠金残高(全口座の残高+含み益)によって最大レバレッジに制限がかかることがあります。

例えばExnessでは、下の表のように証拠金残高に応じてレバレッジ制限がかかります。

有効証拠金残高最大レバレッジ
999ドルまで無制限(21億倍)
1,000ドル〜4,999ドル2,000倍
5,000ドル〜29,999ドル1,000倍
30,000ドル以上500倍
Exnessの証拠金残高によるレバレッジ制限

レバレッジ無制限でトレードできるのは、証拠金残高が999ドル(約13万円)以下のときのみです。1,000ドルを超えると、最大レバレッジは自動で2,000倍に制限されてしまいます。

特に大きな金額を入金してトレードする方や、少額の資金をハイレバで増やそうと考えている方は注意が必要ですよ!

証拠金残高によるレバレッジ制限は、口座から資金を出金することで解除される場合がほとんどです。

経済指標・経済ニュース発表時のレバレッジ制限・規制

続いて3つ目は「経済指標・経済ニュース発表時のレバレッジ制限・規制」です。

特に最大レバレッジが高い海外FX業者は、経済指標や経済ニュースの発表時にレバレッジ制限・規制を設定しているところが多いです。

例として、Exnessは経済指標・経済ニュースの発表前後で次のようなレバレッジ制限を設けています。

重要な経済ニュースが公開される15分前から5分後まで、ニュースの影響を受ける外国為替金融商品で発注された新規ポジションの必要証拠金は、最大レバレッジ1:200で計算されます。

Exnessの公式ホームページより引用

重要な経済指標や経済ニュースが発表されるときは、ボラティリティーが大きくなり稼ぎやすいです。

ただし、実際にそういったタイミングを狙ってトレードするときは、事前に各海外FX業者のレバレッジ制限について確認しておくことをおすすめしますよ!

通貨ペアごとのレバレッジ制限・規制

続いて4つ目は「通貨ペアごとのレバレッジ制限・規制」です。

海外FX業者によっては、通貨ペアごとにレバレッジ制限が設定されていることがあります。

最大レバレッジ通貨ペア
50倍EURDKK・EURHKD・GBPDKK・USDDKK・USDHKD・USDCNH・EURRUB・USDRUB
100倍USDTRY
400倍CHFを含む全通貨ペア
XMの通貨ペア別のレバレッジ制限

例えばXMTradingでは、上記の通貨ペアにレバレッジ制限が設けられています。

特にマイナー通貨ペアをトレードする方は、事前に通貨ペアごとのレバレッジ制限を確認しておくようにしましょう!

取引プラットフォームごとのレバレッジ制限・規制

さいごに5つ目は「取引プラットフォームごとのレバレッジ制限・規制」です。

海外FX業者では、複数の取引プラットフォームから好きなものを選んでトレードすることができます。一方で、取引プラットフォームによって最大レバレッジが異なる場合もあるので注意が必要です。

取引ツール最大レバレッジ
MT5 (MetaTrader5)2,000倍
MT4 (MetaTrader4)400倍
独自プラットフォーム200倍
easyMarketsのプラットフォーム別レバレッジ制限

例えばeasyMarkets(イージーマーケット)は、上の表のように取引プラットフォームによって最大レバレッジに制限があります。

複数の取引プラットフォームが使える海外FX業者を利用する場合は事前に確認しておくようにしましょう!

海外FXのレバレッジに関するよくある質問と回答

FXのレバレッジとは何ですか?

レバレッジとは、小さな力で大きなものを動かす「てこの原理」のことです。FXで言えば、レバレッジをかけることで小さな元手でも大きな金額のトレードができるようになります。

海外FXでレバレッジ3,000倍以上でトレードできるところはありますか?

海外FX業者のExness(エクスネス)なら最大レバレッジ3,000倍以上でトレードすることが可能です。

» 海外FXのレバレッジ比較表

海外FXでレバレッジ5,000倍以上でトレードできるところはありますか?

海外FXでレバレッジ5,000倍以上でトレードできるのは、最大レバレッジが21億倍・実質無制限のExnessや、レバレッジ6,000倍口座を提供しているIS6FXなどがあります。

海外FXでレバレッジ1,000倍でトレードできるところはありますか?

XMTradingやFXGT・Axiといった海外FX業者なら、最大レバレッジ1,000倍でトレードすることができます。

FXのレバレッジはどのような計算式で求めることができますか?

FXのレバレッジは「レバレッジ = (現在の為替レート×取引数量) ÷ 証拠金」という計算式で求めることができます。

海外FXでレバレッジ100倍でトレードできるところはありますか?

例えば海外FXのXMTrading(エックスエム)なら、レバレッジ100倍を含めた計18段階から選んでトレードすることができます。

日本国内のFX業者の最大レバレッジは何倍ですか?

国内FX業者のレバレッジは法律で規制されているため、最大でも25倍です。

海外FX業者のレバレッジが25倍以上なのはなぜですか?

海外FX業者は日本国外に拠点を置いているため、最大レバレッジ25倍という日本の法律の影響を受けないからです。

海外FXの高レバレッジでトレードするのは危険ですか?

証拠金に対してレバレッジをかけ過ぎてしまうようなトレードは危険です。特にロット数を上げないよう資金管理には注意する必要があります。

海外FXでレバレッジ制限なしのブローカーはありますか?

例えば海外FX業者のeasyMarketsは、レバレッジ制限なしでトレードすることができます。

海外FXにレバレッジ無制限でトレードできるブローカーはありますか?

Exness(エクスネス)なら最大レバレッジ無制限でトレードすることができます。

海外FXはレバレッジに規制や制限が入ることはありますか?

海外FXでは証拠金残高や通貨ペア・経済指標発表時などのタイミングに応じでレバレッジに規制・制限が入ることがあります。

なぜ海外FXではレバレッジに制限がかかるのですか?

海外FXでは、ハイレバレッジによってトレーダーが多額の資金を失わないようにするため、証拠金残高や経済指標発表時にレバレッジ制限・規制がかかります。

海外FXのレバレッジはどのように計算することができますか?

海外FXのレバレッジは「(現在の為替レート×取引数量) ÷ 証拠金」という計算式で求めることができます。詳しくは、レバレッジの計算方法を参考にしてみてください。

海外FXでおすすめのレバレッジの高さはありますか?

海外FXで取引するときに証拠金残高が少ない場合は、1,000倍や無制限などのハイレバレッジでトレードすることをおすすめします。反対に証拠金残高が多い場合は、最大でも200倍程度にレバレッジを抑えてトレードすることをおすすめします。

FXのレバレッジは何倍だと安全なのでしょうか?

「何倍のレバレッジなら安全」とは一概には言えません。例えば、国内FX業者の最大レバレッジは25倍と低めですが、大きな元手の額に25倍のレバレッジをかけると大金を失うリスクがあります。一方で海外FX業者の最大レバレッジは400倍以上ですが、レバレッジが高いおかげで500円や1,000円といった小額でトレードを始めることができ、損失額としては少なくて済むためリスクが低いとも言えます。結局のところレバレッジはご自身でコントロールする必要があり、ロット数を上げすぎない(=レバレッジをかけすぎない)ことが大切です。

海外FXはゴールドを最大何倍のレバレッジでトレードすることができますか?

例えばExness(エクスネス)なら、条件をクリアすればレバレッジ無制限でゴールドをトレードすることができます。他の海外FX業者であっても、最大1,000倍程度のレバレッジでゴールドを取引することが可能です。

海外FXのロスカット水準とは何ですか?

海外FXでは、含み損が大きくなり証拠金維持率が一定の水準を下回ると強制ロスカットが執行されます。この強制ロスカットが執行される証拠金維持率の水準のことを「ロスカット水準(ストップアウトレベル)」と呼びます。

海外FXではロスカット水準が低いとどのようなメリットがありますか?

海外FXではロスカット水準が低ければ低いほど、含み損に長く耐えることができます。含み損に長く耐えられれば損益がプラスに転じる可能性も高くなるので、特にギリギリまでポジションを持つハイレバトレーダーとっては有利になります。

海外FX業者のなかでロスカット水準が低いブローカーはどこですか?

海外FX業者のなかではExnessはロスカット水準0%を提供しています。

海外FXで高いレバレッジをかけると損失はどうなるのですか?

海外FXで高いレバレッジをかけると、証拠金に対する損失の額が大きくなります。損失額をコントロールするためにも、レバレッジの高さには注意する必要があります。

海外FXでは法人口座でもハイレバレッジでトレードすることはできますか?

海外FXでは法人口座でも個人口座と同様のハイレバレッジでトレードすることができます。詳しくは、海外FXの法人口座比較でも解説しているので参考にしてみてください。

海外FXのなかでレバレッジが最大なのはどこですか?

海外FXのなかでレバレッジが最大なのはExnessです。Exnessは、無制限(実質21億倍)のレバレッジでトレードすることができます。

海外FXは1,000円などの小額でもレバレッジ取引は可能ですか?

海外FXのハイレバレッジを利用すれば1,000円程度の小額からでも取引を始めることが可能です。具体的に1,000円の証拠金で取引する場合は、最大レバレッジ1,000倍以上の海外FX業者で取引することをおすすめします。

海外FXのハイレバレッジを無料体験することはできますか?

海外FXのレバレッジはデモ口座を利用する、もしくは口座開設ボーナスを利用することで無料体験することが可能です。

海外FXのレバレッジ取引で借金のリスクはありますか?

全ての海外FX業者はゼロカットシステムを採用しているため入金額以上の損失が発生することはありません。そのため、レバレッジ取引で追証(追加証拠金)の支払いを求められることはなく、借金のリスクは無いと言えます。

【まとめ】海外FXのレバレッジ比較

海外FXのレバレッジを比較しながら紹介してきました。

海外FX業者なら、ハイレバレッジをかけることで大きなリターンを狙うことができます。さらに、すべてのブローカーがゼロカットシステムを採用しているため、仮に口座残高がマイナスになるようなことがあっても損失は入金額までです。

まずは小資金からで問題ないので、ぜひ海外FXのハイレバレッジを体験してみてくださいね!

それでは、最後に海外FXのレバレッジ比較表をのせておきます。

海外FX業者最大レバレッジ
Exness無制限
BigBoss2,222倍 (※デラックス口座のみ)
Vantage2,000倍 (※プレミアム口座のみ)
easyMarkets2,000倍 (※MT5口座のみ)
HFM2,000倍
XMTrading1,000倍
FXGT1,000倍
Swift Trader1,000倍
XS1,000倍
Axi1,000倍
IC Markets1,000倍
IS6FX1,000倍
IronFX1,000倍
AXIORY1,000倍 (※マックス口座のみ)
ThreeTrader500倍
TitanFX500倍
MYFXMarkets500倍
海外FXレバレッジランキング比較表

本記事は以上になります。

コメント・シェアお待ちしています!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Vantage Mediaは、Vantage Prime Trading Limitedが監修・運営するインターネットメディアです。Vantage Media編集部は実際に海外FX業者のオフィスを訪問し、担当者との情報交換で得た情報をもとに記事を執筆しています。Vantage Mediaでは、海外FX業者の使い方からボーナス・レバレッジ・スプレッドといった詳しい情報について、正確性・迅速性に重点を置いて解説しています。

コメント

コメントする

目次