XMのスプレッド一覧|広がる時間帯と広すぎて勝てない原因を解説!

XMのスプレッド一覧|広がる時間帯と広すぎて勝てない原因を解説!

XMTrading(エックスエム)で取引するときには、必ず「スプレッド」と呼ばれる手数料がかかります。

手数料はエントリー時に自動で引かれるのであまり気になりませんが、実際どれくらいの取引コストがかかるのか知っておかないと手数料だけ無駄に支払うことになってしまいます。

本記事では、XMのスプレッドに関する基礎知識から計算方法・全通貨ペアのスプレッドまでまとめて紹介します!

なお、まだXMのリアル口座を持っていないという方は、XMの口座開設方法と手順を参考に新規登録してからこの記事に戻ってきてくださいね。

XMはKIWAMI極口座という新しい口座タイプをリリースしました。XMでもっともスプレッドが狭い口座タイプとなっているので、利用したことがない方はぜひ口座開設してみてください!

\ 13,000円分のトレード資金がもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

目次

XMのスプレッドに関する基礎知識

XMTrading(エックスエム)の公式ホームページの画像

XMTrading(エックスエム)のスプレッドに関する基礎知識を解説します。

次の3点については、XMでトレードを始める前に必ず頭に入れておきましょう!

それぞれ順番に見ていきます。

スプレッドとは

XMのスプレッドを図解した画像

スプレッドとは、エントリー時の「買値と売値の差」のことを指します。例えば上の写真の場合、ドル円の買値は143.868・売値は143.853となっており、その差である0.015(=1.5pips)がスプレッドになります。

スプレッドはFXにおける取引コストで、ポジションをエントリーした時点では含み損として損益に反映されます。

そのため、スプレッドが狭ければ狭いほどマイナス額が少ない状態で取引を始めることができ、トレーダーにとっては利益が出やすく有利になります。

スプレッドは、取引コストとしてFX業者(XMTrading)の収益になります。

XMは変動スプレッド制を採用している

XMは変動スプレッド制を採用しています。

変動スプレッド制とは、市場の状況に応じてスプレッドが広がったり狭くなったりする仕組みのことです。スプレッドの最大値・最小値・固定値なども決まっていません。

マーケットの需給に応じてスプレッドが変動することで、約定力(=注文の正確性)が落ちないように設計されているのが特徴です!

スプレッドは時間帯によって広がることがある

XMのスプレッドが広がるタイミング
  • 早朝や深夜などのボラティリティが低いとき。
  • 経済指標やニュース・要人発言があるとき。
  • 有事(戦争や自然災害)などが発生したとき。

XMのスプレッドは、時間帯やタイミングによって広がることがあります。

特にマーケット参加者の少ない日本時間の早朝や深夜は、ボラティリティ(=価格変動)が低くXMのスプレッドも広がります。

また、経済指標や経済ニュース・要人発言があるときも注文が短時間で殺到しやすく、同様にスプレッドが広がりやすいです。

主要な経済指標についてはXMの経済指標カレンダーにも掲載されています。スプレッドが急激に広がるタイミングで損をしないように、必ず事前確認をしておくようにしましょう!

\ 13,000円分のトレード資金がもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XMのスプレッドの単位と計算方法

XMのスプレッドの単位と計算方法

XMTrading(エックスエム)のスプレッドの単位と計算方法について解説します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

スプレッドの単位と見方

スクロールできます
FX業者XMTrading国内FX業者
単位pips (ピップス)
0.01円1 pip1銭
0.1円10 pips10銭
1円100 pips100銭 (=1円)
XMのスプレッドの単位

XMをはじめとした海外FX業者では、スプレッドを「pips(ピップス)」という単位で呼んでいます。

日本円の1円が100pipsなので、0.01円(=1銭)が1pipにあたります。

XMのドル円のスプレッド
ドル円のチャート
XMのユーロドルのスプレッド
ユーロドルのチャート

なお、ドル円やユーロ円などの円絡みの通貨ペアは小数点第2位が1pipsとなります。またユーロドルやポンドドルなどのドルストレートの通貨ペアは、小数点第4位が1pipsです。

単位をpipsに統一することで、組み合わせがバラバラな通貨ペアでも「ドル円のスプレッドは1.6pips」「ポンドドルのスプレッドは2.1pips」というようにひと目で差が分かるようになっていますよ!

スプレッドの計算方法

XMのスプレッド計算式

取引コスト= (スプレッド×1pipsの金額) × 取引数量

XMのスプレッドから取引コストを求める計算式は、上記のとおりです。

クロス円の通貨ペアは1pips=0.01円で、ドルストレートの通貨ペアは1pips=0.0001ドルです。

例えば、XMのスタンダード口座のドル円のスプレッドが1.6pipsだとすると、1ロットでトレードしたときの取引コストは次のように求めることができます。

(1.6pips×0.01円) × 10万通貨=1,600円

ドル円を1ロット取引する場合は、1,600円の取引コストがかかるということになります。

続いて、ユーロドルのスプレッドが1.2pipsだとします。XMのスタンダード口座で1ロットでトレードしたときの取引コストは、次のように求めることができます。

(1.2pips×0.0001ドル) × 10万通貨=12ドル

ユーロドルはドルストレートの通貨ペアなので、1pipsの金額は0.0001ドルです。

これをもとに計算すると、ユーロドルを1ロットでトレードするときの取引コストは12ドル(=約1,700円)ということがわかりますよ!

\ 13,000円分のトレード資金がもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XMのスプレッド一覧

XMのスプレッド一覧

XMTrading(エックスエム)の全通貨ペアのスプレッドを口座タイプ別に一覧で紹介します!

それぞれ順番に見ていきましょう!

為替通貨ペアのスプレッド一覧

スクロールできます
通貨ペア/
口座タイプ
スタンダード口座
マイクロ口座
XMTrading Zero口座
(ゼロ口座)
KIWAMI極口座
AUDCAD3.02.01.6
AUDCHF3.02.11.0
AUDJPY3.32.21.3
AUDNZD4.02.71.8
AUDUSD1.81.40.9
CADCHF3.72.91.2
CADJPY3.42.42.2
CHFJPY3.32.11.9
CHFSGD3124.512
EURAUD31.91.5
EURCAD31.91.3
EURCHF2.71.91.8
EURDKK3923.530
EURGBP2.01.30.9
EURHKD451.20.3
EURHUF595030
EURJPY2.31.41.2
EURNOK145.5117140
EURNZD4.03.72.4
EURPLN655137
EURRUB45637580
EURSEK997780
EURSGD171010
EURTRY4342.119
EURUSD1.61.10.7
EURZAR241202125
GBPAUD3.63.02.1
GBPCAD5.03.22.3
GBPCHF4.73.01.8
GBPDKK12089.5100
GBPJPY3.62.21.4
GBPNOK2162.731.6
GBPNZD7.05.34.0
GBPSEK13410690
GBPSGD312413
GBPUSD2.11.20.7
NZDCAD4.12.91.7
NZDCHF4.03.71.8
NZDJPY3.02.12.0
NZDSGD282112
NZDUSD2.72.01.2
SGDJPY2015.34.5
USDCAD2.21.51.3
USDCHF2.11.40.9
USDCNH3.62.4
USDDKK362631
USDHKD2.82.41.8
USDHUF514135
USDJPY1.61.10.7
USDMXN239176180
USDNOK17010618
USDPLN5232.915
USDSEK826670
USDSGD21169
USDTRY250241200
USDZAR15.812.712
XMの為替通貨ペアのスプレッド一覧

XMの為替通貨ペア全57銘柄の平均スプレッド一覧は、上の表のとおりです。

なお、XMのゼロ口座ではUSDCNH(米ドル・中国元)の通貨ペアのみ取引できませんのでご注意ください。

仮想通貨ペアのスプレッド一覧

シンボルスタンダード口座
マイクロ口座
KIWAMI極口座
1INCH/USD0.0050.004
AAVE/USD2.451.5
ADA/USD0.00190.00095
ALGO/USD0.00470.00349
APE/USD0.090.055
APT/USD0.270.165
ARB/USD0.04640.029
ATOM/USD0.1350.07
AVAX/USD0.150.1
AXS/USD0.220.14
BAT/USD0.007390.00397
BCH/USD1.731.04
BTC/EUR5137.5
BTC/GBP210170
BTC/USD35.526.5
BTG/USD0.02380.0159
CHZ/USD0.00290.0018
COMP/USD1.20.78
CRV/USD0.0280.017
DASH/USD0.450.25
DOGE/USD0.000630.00047
DOT/USD0.050.025
EGLD/USD1.30.8
ENJ/USD0.002510.00152
EOS/USD0.0110.008
ETC/USD0.120.05
ETH/BTC0.000210.00015
ETH/EUR6.53.75
ETH/GBP12.7510.5
ETH/USD2.751.75
FET/USD0.00420.002
FIL/USD0.0370.022
FLOW/USD0.0210.013
GRT/USD0.0030.002
ICP/USD0.1650.101
IMX/USD0.0280.018
LDO/USD0.0750.047
LINK/USD0.10.05
LRC/USD0.00880.0055
LTC/USD1.370.94
MANA/USD0.00360.0021
MATIC/USD0.00550.00235
NEAR/USD0.0550.035
OMG/USD0.030.02
OP/USD0.0490.031
SAND/USD0.01610.01
SHIB/USD0.000110.00008
SKL/USD0.001060.00066
SNX/USD0.050.03
SOL/USD0.10.06
STOR/JUSD0.0110.0065
STX/USD0.0270.0166
SUSHI/USD0.0170.013
UMA/USD0.070.04
UNI/USD0.070.05
XLM/USD0.00130.001
XRP/USD0.0030.0013
XTZ/USD0.0080.004
ZEC/USD0.420.15
ZRX/USD0.0080.005
XMの仮想通貨ペアのスプレッド一覧

XMの仮想通貨ペアのスプレッド一覧は上の表のとおりとなります。

なお、XMは仮想通貨ペアの平均スプレッドを公開していないため最低スプレッドのみ記載しています。必ずしも上記の最低スプレッドで取引できるわけではありません。

また、XMのゼロ口座では仮想通貨をトレードすることができないため、上記の表にはスタンダード口座・マイクロ口座統一のものと、KIWAMI極口座の最低スプレッドを記載しています。

コモディティ(商品先物)のスプレッド一覧

スクロールできます
シンボル説明最低スプレッド(ポイント)
COCOAUS Cocoa9
COFFEUS Coffee0.005
CORNUS Corn0.01
COTTOUS Cotton No. 20.003
HGCOPHigh Grade Copper0.0047
SBEANUS Soybeans0.0185
SUGARUS Sugar No. 110.0006
WHEATUS Wheat0.015
XMのコモディティ(商品)のスプレッド一覧

XMのコモディティ(商品先物)のスプレッド一覧は上の表のとおりです。

なお、XMはコモディティの平均スプレッドを公開していないため、最低スプレッドを記載しています。いつでも上記の最低スプレッドで取引できるわけではないのでご注意ください。

また、コモディティを取引できるのはスタンダード口座もしくはマイクロ口座のみです。

株式指数のスプレッド一覧

シンボル最低スプレッド (ポイント)
AUS200Cash2
EU50Cash1.5
FRA40Cash1
GER40Cash1
HK50Cash10
IT40Cash10
JP225Cash6
NETH25Cash0.3
SPAIN35Cash5
SWI20Cash3
UK100Cash1
US100Cash1
US30Cash2.5
US500Cash0.4
XMの株式指数のスプレッド一覧

XMの株式指数(現物・先物)のスプレッド一覧は上の表のとおりです。

なお、XMは株式指数の平均スプレッドを公開していないため、最低スプレッドを記載しています。いつでも上記の最低スプレッドで取引できるわけではないのでご注意ください。

また、株式指数を取引できるのはスタンダード口座もしくはマイクロ口座のみとなります。

貴金属(ゴールド・シルバー)のスプレッド一覧

スクロールできます
シンボル/
口座タイプ
スタンダード口座
マイクロ口座
XMTrading Zero口座
(ゼロ口座)
KIWAMI極口座
GOLD3.5 pips3.0 pips1.5 pips
SILVER3.5 pips3.0 pips2.2 pips
XMの貴金属のスプレッド一覧

XMの貴金属(ゴールド・シルバー)のスプレッド一覧は上の表のとおりです。

上記は平均スプレッドとなるため、時間帯やタイミングによってはこれよりも狭いスプレッドで取引可能です。

エネルギーのスプレッド一覧

スクロールできます
シンボル銘柄最低スプレッド (ポイント)
BRENTBrent Crude Oil0.03
GSOILLondon Gas Oil1.2
NGASNatural Gas0.03
OILWTI Oil0.03
OILMnWTI Oil Mini0.03
XMのエネルギーのスプレッド一覧

XMのエネルギーのスプレッド一覧は上の表のとおりです。

なお、XMはエネルギー銘柄の平均スプレッドを公開していないため、最低スプレッドを記載しています。いつでも上記の最低スプレッドで取引できるわけではないのでご注意ください。

また、エネルギーを取引できるのはスタンダード口座もしくはマイクロ口座のみとなっています。

\ 13,000円分のトレード資金がもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XMのスプレッド表示方法

XMのスプレッド表示方法

XMTrading(エックスエム)のスプレッドの表示方法をデバイス別に紹介します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

スマホアプリでスプレッドを表示する方法

XMのスプレッド表示方法
STEP
アプリストアでMT4・MT5をダウンロードする
XMのMT4・MT5のダウンロード画面

まずはスマホのアプリストアで、MT4もしくはMT5をダウンロードしましょう。

例えばiPhoneなら、アプリストアで上の写真のように「MT4」と入力すれば見つかります!

STEP
XMのMT4・MT5にログインする
XMのMT4ログイン画面

ダウンロードしたMT4もしくはMT5を開いたら、XMのアカウントにログインしましょう。なお、MT4・MT5にログインする方法は下の記事でも解説しているので参考にしてみてください。

» XMのMT4・MT5にログインする方法と手順

STEP
「+」マークから通貨ペアを追加する
XMのMT4スマホアプリの画面

XMのアカウントにログインしたら「気配値」に移動し、右上の「+」マークのボタンをタップします。

取引可能な銘柄がグループ別に表示されるので、実際にスプレッドを確認したい銘柄を選択してトップページに追加しましょう!

STEP
「詳細モード」に切り替えてスプレッドを確認する
XMのMT4スマホアプリの画面

「気配値」に通貨ペアが追加されたら、一番上にあるタブを「シンプルモード」から「詳細モード」に切り替えましょう。

すると、各通貨ペアに「スプレッド」が表示されますよ!

スプレッドは「ポイント」という単位で表示されています。ポイントは、10分の1にするとpipsに直すことができます。例えば上の写真のUSDJPY(ドル円)は「15」となっていますが、これはpips表記に直すと1.5pipsです。

XMのMT4・MT5アプリでスプレッドを表示する流れは以上になります。

パソコンでスプレッドを表示する方法

XMのスプレッド表示方法
STEP
XMのMT4・MT5をダウンロードする
XMの取引プラットフォームダウンロードページ

まずはXMのホームページでMT4もしくはMT5をダウンロードしましょう。

なお、MT4のダウンロード・MT5のダウンロード方法については、XMのMT4・MT5のダウンロード方法もご覧ください。

STEP
「気配値表示」で右クリックする
XMTradingのMT4画面

XMのMT4もしくはMT5をダウンロードして開いたら、画面左側にある「気配値表示」の上で右クリックを押します。

STEP
「スプレッド」をクリックする
XMTradingのMT4画面

「気配値表示」の上で右クリックを押すと、上の写真のようにメニューが表示されます。

その中から「スプレッド」をクリックしましょう!

STEP
「!」の列にスプレッドが表示される
XMTradingの気配値表示画面

「スプレッド」をクリックすると、一番右の列に「!」のマークが加わります。

その列に表示されているのがスプレッドです!

スプレッドは「ポイント」という単位で表示されています。ポイントは、10分の1にするとpipsに直すことができます。例えば上の写真のUSDJPY(ドル円)は「15」となっていますが、これは1.5pipsのことです。

XMのパソコン版のMT4・MT5でスプレッドを表示する流れは以上になります。

\ 13,000円分のトレード資金がもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XMのスプレッド比較【広すぎて勝てないのか?】

XMのスプレッド比較【広すぎて勝てないのか?】

XMTrading(エックスエム)のスプレッドを、その他の海外FX業者と比較して見てみましょう。

また、XMのスプレッドは広すぎて勝てないという噂は本当なのかも検証します!

それぞれ順番に見ていきましょう。

XMと他社のスプレッドを比較

海外FX業者ドル円の平均スプレッド
XMTrading1.6 pips
Vantage1.2 pips
TitanFX1.3 pips
FXGT1.6 pips
ThreeTrader0.6 pips
Exness1.1 pips
海外FXのドル円のスプレッド比較表

上の表は、XMとその他の有名な海外FX業者のドル円の平均スプレッドをまとめたものです。それぞれの海外FX業者について、XMのスタンダード口座とKIWAMI極口座に対応する口座タイプで比較しています。

表を見てみると、スタンダード口座のドル円の平均スプレッドはXMが1.6pipsに対して、他社の平均は約1.3pipsほどとなっています。KIWAMI極口座の平均スプレッドもXMが0.7pipsである一方、他社の平均は約0.6pipsです。

結果として、XMのスタンダード口座のスプレッドは他社と比べても広く、KIWAMI極口座のスプレッドは他社と比べると狭い水準だと言えます。

XMのスプレッドが広い理由

XMのスプレッドが広い理由

XMのスプレッド、特にスタンダード口座のスプレッドが他社より広いのには明確な理由があります。それは、他社と比べても豪華なボーナスキャンペーンと高いレバレッジを提供しているからです。

実際にXMでは、未入金で取引を始められる13,000円分の口座開設ボーナスや、最大約150万円分の入金ボーナスが受け取れるキャンペーンを常に開催しています。

また、他社よりも高い1,000倍というレバレッジで取引することができ、トレーダーにとっては稼ぎやすい環境となっています。

上記のような充実したサービスを提供しているため、特にスタンダード口座は他社に比べると取引コストにあたるスプレッドが広めの設定になっているという背景があります。

XMポイントによってスプレッドは圧縮される

XMには、口座開設すると誰でも自動加入するXMロイヤルティプログラムという制度があります。

このプログラムではXMで取引するごとに「XMポイント(XMP)」が貯まり、ボーナスや現金と交換することが可能です。つまり、取引するごとにキャッシュバックがある=スプレッドを圧縮する機能があるということです。

スクロールできます
ステータスXMP / 1ロット 金額
エグゼクティブ 10 XMP $3.3 (0.33pips)
ゴールド 13 XMP $4.3 (0.43pips)
ダイヤモンド 16 XMP $5.3 (0.53pips)
エリート 20 XMP $6.6 (0.66pips)
XMのロイヤルティステータス

具体的には、上の表のように最上位ランクの「エリート」になれば1ロットあたり20XMポイントが貯まります。

これを金額に直すと、6.6ドルのキャッシュバック・0.66pipsのスプレッド圧縮になります。

海外FX業者ドル円の平均スプレッド
XMTrading0.94 pips
Vantage1.2 pips
TitanFX1.3 pips
FXGT1.6 pips
ThreeTrader0.6 pips
Exness1.1 pips
海外FXのドル円のスプレッド比較表

実際に、XMポイントによるキャッシュバック分を差し引いたスプレッドで比較したのが上の表です。他社と比べてみても、XMのスプレッドは遜色ない狭さになりますね!

なお、XMポイントが貯まるのはスタンダード口座とマイクロ口座のみです。ゼロ口座やKIWAMI極口座で取引してもXMポイントは貯まらず、スプレッドを圧縮する効果もないので注意が必要です。

XMのロイヤルティプログラムやXMポイントについては、XMポイント(XMP)の貯め方と使い方で詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてみてください。

あわせて読みたい
XMロイヤルティポイント(XMP)の貯め方と使い方【確認・交換の全手順】 XMロイヤルティポイント(XMP)は、XMで口座開設して取引すれば誰でも貯めることができます。 しかし、XMポイントを効率的に貯める方法を知っておかないと、人によって...

スプレッドが広すぎて勝てないという程ではない

XMのスプレッドは、他社と比べても決して狭いとは言えないのが現実です。

しかし「スプレッドが広すぎて勝てない」という程ではありません。なぜならスプレッドの広さ以上にボーナスキャンペーンや約定力・ハイレバレッジなど、トレーダーにとって有利な条件も多いからです。

例えば500ドル相当分(=約7万円)の100%入金ボーナスを利用すれば、入金した金額の2倍の証拠金でトレードすることができます。最大レバレッジも1,000倍なので、リスクを抑えて大きなリターンを狙いにいくことも可能です。

さらにスキャルピングトレーダーなど取引コストが重要という方は、2022年10月に新しくリリースされたXMのKIWAMI極口座という選択肢もあります。

「どこよりも狭いスプレッドの海外FX業者を使いたい」といった方を除いて、XMの取引条件なら決してスプレッドが広すぎて勝てないとは言えませんよ!

スプレッドが最も狭い海外FX業者について

「国内FX業者並みのスプレッドで取引したい」という方にはThreeTraderのRawゼロ口座がおすすめです。

現時点で海外FX業者のなかでは最もスプレッドが狭いブローカーですよ!

なお、海外FX業者のスプレッドについては海外FXスプレッド比較で詳しく検証しているので参考にしてみてください。

\ 13,000円分のトレード資金がもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XMのスプレッドに関する注意点

XMのスプレッドに関する注意点

XMTrading(エックスエム)のスプレッドに関する注意点を3つ解説します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

XMのスプレッドは口座タイプによって異なる

スクロールできます
口座タイプスタンダード・マイクロゼロ (手数料込)KIWAMI極
ドル円1.6 pips1.1 pips0.7 pips
ユーロ円2.3 pips1.4 pips1.2 pips
ユーロドル1.7 pips1.1 pips0.7 pips
XMの口座タイプ別のスプレッド比較

まず1つ目の注意点は「XMのスプレッドは口座タイプによって異なる」ことです。

XMは、スタンダード口座・マイクロ口座・XMTrading Zero口座(通称:ゼロ口座」)・KIWAMI極口座という4種類の口座タイプを提供しています。このなかで、スタンダード口座とマイクロ口座のスプレッドは同一です。

ゼロ口座は1ロットあたり10ドル(=1pips)の取引手数料がかかりますが、それを含めてもスタンダード口座やマイクロ口座よりも狭いスプレッドで取引できる口座タイプです。

さらに2022年10月にリリースされたKIWAMI極口座(極み口座)は、ゼロ口座よりも安い取引コストでトレードできる口座タイプとなっています。

特にスキャルピングトレーダーの方は、XMで最もスプレッドが狭いKIWAMI極口座を利用するようにしましょう!

XMの口座タイプについては、特徴やそれぞれの違いをXMの口座タイプ徹底比較で解説しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
XMの口座タイプ比較|全4種類の違いとおすすめを解説!【確認・変更方法あり】 XMTrading(エックスエム)の口座タイプとは、トレーダーのレベルや目的に合わせて選ぶことができる口座の種類のことです。 XMの口座タイプは「スタンダード口座」「マ...

スプレッドが広がるとロスカットされやすくなる

続いて、2つ目の注意点は「スプレッドが広がるとロスカットされやすくなる」ことです。

トレーダーはスプレッド分を負担するため、エントリーした瞬間から損益がマイナスからスタートします。もしスプレッドが広がっているタイミングでエントリーすれば、その分大きなマイナスを背負った状態から始まることになります。

マイナスが大きければ、為替レートが少し動いただけでもロスカットされてしまうリスクがあります。

そのため、早朝や深夜・経済指標発表時などのスプレッドが広い時間帯は、よっぽどのことがない限りエントリーしないことをおすすめします!

リアルタイムスプレッドはMT4・MT5で確認する

XMTrading(エックスエム)のMT4画面の画像

続いて、3つ目の注意点は「リアルタイムスプレッドはMT4・MT5で確認する」ことです。

XMのスプレッドは常に変動しています。そして、リアルタイムスプレッドは実際に取引ツールであるMT4やMT5をダウンロードしてみないと確認することができません。

実際にどのくらいのスプレッドで取引できるのか、口座開設したらXMのホームページよりMT4・MT5をダウンロードして、ご自身の目で確かめてみてくださいね!

\ 13,000円分のトレード資金がもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

XMのスプレッドに関するよくある質問と回答

XMのスプレッドが狭い通貨はどれですか?

XMの取扱通貨ペアのなかでスプレッドが狭いのは、KIWAMI極口座(極み口座)のドル円の0.7pipsやユーロドルの0.7pips、またポンドドルの0.7pipsとなります。

XMのスプレッドが広がる時間帯はいつですか?

XMのスプレッドが広がる時間帯は、日本時間の早朝や深夜、もしくは経済指標や経済指標・要人発言があるときです。

XMのスプレッドは広いのでしょうか?

XMのスプレッドは、他社と比べると広いと言えます。しかし、XMのスプレッドが広いのは豪華なボーナスキャンペーンや最大1,000倍という高いレバレッジを提供しているからです。また、2022年から新登場したKIWAMI極口座なら、これまでのゼロ口座よりもさらに狭いスプレッドで取引可能となっています。

XMのユーロドル(EURUSD)の平均スプレッドは何pipsですか?

XMのユーロドル(EURUSD)の平均スプレッドは、スタンダード口座とマイクロ口座で1.6pips、ゼロ口座で1.1pips・KIWAMI極口座で0.7pipsとなっています。

XMのポンド円(GBPJPY)の平均スプレッドは何pipsですか?

XMのポンド円(GBPJPY)の平均スプレッドは、スタンダード口座とマイクロ口座で3.6pips、ゼロ口座で2.2pips・KIWAMI極口座で1.4pipsとなっています。

XMのポンドドル(GBPUSD)の平均スプレッドは何pipsですか?

XMのポンドドル(GBPUSD)の平均スプレッドは、スタンダード口座とマイクロ口座で2.1pips、ゼロ口座で1.2pips・KIWAMI極口座で0.7pipsとなっています。

XMのトルコリラ(USDTRY)の平均スプレッドは何pipsですか?

XMのトルコリラ(USDTRY)の平均スプレッドは、スタンダード口座とマイクロ口座で250pips、ゼロ口座で241pips・KIWAMI極口座で200pipsとなっています。

XMの原油(WTI原油)のスプレッドは何ドルですか?

XMの原油(WTI原油)の最低スプレッドは3ドル、平均スプレッドは5ドルです。

XMのダウのスプレッドは何ドルですか?

XMのダウのスプレッドは、現物取引で最低2.5ドル・先物取引で最低5ドルとなっています。

XMのMT4口座とMT5口座でスプレッドに違いはありますか?

XMのMT4口座とMT5口座でスプレッドに違いはありません。

XMのデモ口座のスプレッドとリアル口座のスプレッドは同じですか?

XMのデモ口座のスプレッドとリアル口座のスプレッドは同一です。リアル口座とデモ口座の取引条件に違いはありません。

XMのマイクロ口座のスプレッドはスタンダード口座と異なりますか?

XMのマイクロ口座のスプレッドとスタンダード口座のスプレッドは同一です。

XMのリアルタイムスプレッドはどこで確認できますか?

XMのリアルタイムスプレッドは、取引ツールであるMT4もしくはMT5で確認することができます。詳しくは、XMのスプレッドの表示方法をご覧ください。

XMのリアルタイムスプレッドはスマホアプリからでも確認可能ですか?

XMのリアルタイムスプレッドは公式のスマホアプリからでも確認可能です。XMTradingアプリについては、XMTradingアプリの使い方をご覧ください。

XMはスプレッドが広すぎて勝てないという噂は本当でしょうか?

XMは、2022年10月にスプレッドをさらに狭くした「KIWAMI極口座」をリリースしました。KIWAMI極口座の取引コストは海外FX業者のなかでも最狭レベルとなっているため、スプレッドが広すぎて勝てないということはないでしょう。

XMのゼロ口座はスプレッド0pipsで取引できるのでしょうか?

たしかにXMのゼロ口座は最低スプレッドが0pipsとなっています。しかし、あくまで「最低スプレッド」であって常にスプレッド0で取引できるわけではありません。また、XMのゼロ口座は外付けの取引手数料が1ロットあたり10ドル(=1pips)かかります。そのため、仮にスプレッドが0pipsであっても取引手数料だけは支払う必要があります。

XMのスプレッドの1pipsとはいくらでしょうか?

XMのスプレッドの1pipsとは、ドル換算で10ドル(=約1,500円)になります。

XMのスプレッドが狭い時間帯はいつですか?

XMのスプレッドが狭い時間帯は、欧州のマーケットがオープンする日本時間の夕方頃(16:00~)や米国のマーケットがオープンする日本時間の夜以降(22:00~)などのマーケット参加者が多いタイミングです。

XMよりも狭いスプレッドで取引できる海外FX業者はありますか?

XMよりも狭いスプレッドで取引できるのは、ThreeTraderExnessといった海外FX業者です。

XMのゼロ口座のスプレッドとKIWAMI極口座のスプレッドはどちらが広いですか?

XMでスプレッドだけを見ると、KIWAMI極口座のほうが広いです。しかし、ゼロ口座が1ロットあたり10ドル(=1pips)の取引手数料がかかる一方で、KIWAMI極口座は取引手数料が無料です。結果として、トータルの取引コストはゼロ口座よりもKIWAMI極口座のほうが安くなります。

【まとめ】XMのスプレッド一覧

XMTrading(エックスエム)のスプレッドについて解説しました。

XMのスプレッドは他社と比べると狭いとは言えませんが、豪華なボーナスキャンペーンやハイレバレッジがそれを補ってくれます。

まずは13,000円分の口座開設ボーナスを利用して、XMのスプレッドがどの程度の広さなのかリスク0で体感してみてくださいね!

\ 13,000円分のトレード資金がもらえる! /

公式サイト:https://xmtrading.com/register

本記事は以上になります。

コメント・シェアお待ちしています!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Vantage Mediaは、Vantage Prime Trading Limitedが監修・運営するインターネットメディアです。Vantage Media編集部は実際に海外FX業者のオフィスを訪問し、担当者との情報交換で得た情報をもとに記事を執筆しています。Vantage Mediaでは、海外FX業者の使い方からボーナス・レバレッジ・スプレッドといった詳しい情報について、正確性・迅速性に重点を置いて解説しています。

コメント

コメントする

目次