XMの追加口座・複数口座|開設手順とメリット・注意点まとめ!【スマホ対応】

XMの追加口座・複数口座の開設手順とメリット・注意点【スマホ対応】

XMTrading(エックスエム)は、追加口座を開設することで複数の口座に資金をわけてトレードすることができます。

特にプロトレーダーはリスク分散のために追加口座を開設し、レバレッジや口座タイプ・取引プラットフォームなどを変えながら利益を出しています。

本記事では、XMTradingの追加口座をスマホやパソコンから開設する手順とメリット、さらに複数口座を運用するときの注意点を紹介します!

なお、XMで追加口座を開設するにはまず最初に1つ目のリアル口座を開設しておく必要があります。まだXMで口座開設したことがない場合は、XMの口座開設方法と手順を参考に新規登録してからこの記事に戻ってきてください。

\ 追加口座開設はマイページから! /

URL:https://my.xmtrading.com/member

目次

あなたに合ったXMの追加口座を診断!

診断

【10秒診断】開設するべき追加口座は?

スタンダード口座・マイクロ口座で取引している?

診断結果

よりスプレッドの狭い口座でトレードしたい方にはXMのKIWAMI極口座(極み口座)がおすすめです!

極み口座は入金ボーナスやXMポイントの対象外です。

代わりに、XMの全口座タイプのなかでもっとも狭いスプレッドで取引でき、トレーダーにとってはスタンダード口座やマイクロ口座よりもさらに好条件で稼ぎやすいです。

「XMでなかなか勝てない」「どうしても稼げるようになりたい」という方は、XMの極み口座を試しに使ってみてください!

もう一度診断する

診断結果

XMで入金ボーナスがもらえたりXMポイントが貯まったりするのは、スタンダード口座とマイクロ口座のみです。

そのため、ボーナスを使って取引したい場合は、スタンダード口座もしくはマイクロ口座を使い続けましょう。

また、もしMT5だけ(もしくはMT4だけ)しか使ったことがない場合は、XMのマイページで別の取引プラットフォームの追加口座を開設しましょう。

「別の取引プラットフォームの方が取引しやすかった」ということもあるので、両方試しに使ってみてくださいね!

もう一度診断する

KIWAMI極口座(極み口座)で取引したことはある?

診断結果

XMの口座タイプのなかでは、最もスプレッドの狭い好条件でトレードできるのがKIWAMI極口座(極み口座)です。

KIWAMI極口座を使って、引き続きご自身のトレード手法を磨きましょう!

また、もしMT5だけ(もしくはMT4だけ)しか使ったことがない場合は、XMのマイページで別の取引プラットフォームの追加口座を開設することをおすすめします。

「別の取引プラットフォームの方が取引しやすかった」ということもあるので、KIWAMI極口座を両方の取引ツールで試してみてくださいね!

もう一度診断する

診断結果

よりスプレッドの狭い口座でトレードしたい方にはXMのKIWAMI極口座(極み口座)がおすすめです!

極み口座は入金ボーナスやXMポイントの対象外です。

代わりに、XMの全口座タイプのなかでもっとも狭いスプレッドで取引でき、トレーダーにとってはスタンダード口座やマイクロ口座よりもさらに好条件で稼ぎやすいです。

「XMでなかなか勝てない」「どうしても稼げるようになりたい」という方は、XMの極み口座を試しに使ってみてください!

もう一度診断する

あなたにおすすめの追加口座を診断することができます。

「XMのどの口座が自分に合っているんだろう?」「どの口座を追加で開設しよう?」と迷ったら、まずは上のタブをタップもしくはクリックして質問に回答してみてください!

XMの追加口座開設手順【スマホ対応】

XMTrading(エックスエム)の公式ホームページの画像

XMTrading(エックスエム)の追加口座を開設する手順を紹介します!

なお、追加口座はパソコンからでもスマホからでも作ることができます。お使いのデバイスに合わせて参考にしてみてくださいね!

実際にXMのマイページから追加口座を開設する手順は次のとおりです。

XMのマイページにログインする

XMTradingのログイン画面の画像

まずはXMのマイページにログインしましょう!

もしログインパスワードを忘れてしまった場合は「パスワードをお忘れですか?」から再設定しましょう。また「口座が凍結しています」という表示が出ている場合は、XM公式サイトでリアル口座を新しく開設する必要があります。

「追加口座開設」に進む

XMTradingのマイページの画像

XMのマイページにログインしたら、「口座の概要」にある「追加口座開設」を選択します。

なお、スマホの場合は既存の口座を右にスクロールしていくことで「追加口座開設」が表示されます。

「取引口座の設定」を入力する

XMTradingのマイページの画像

続いて「取引口座の設定」にある各項目を入力・選択します。

特に取引プラットフォーム(MT4/MT5)にあたる「MetaTraderのバージョン」や口座タイプ・レバレッジは、今持っている口座と別のもの試してみてください。

追加口座では、13,000円分の口座開設ボーナスを受け取ることはできないので注意してください。

パスワードを設定して開設する

XMTradingのマイページの画像

さいごに、口座のパスワードを設定します。パスワードは8~15文字で、大文字・小文字・数字の3種類を使う必要があります。

パスワードの入力を済ませたら、最後に「完了」というボタンをタップもしくはクリックしましょう。

メール「お口座の詳細」を確認する

XMTradingからのメールの画像

「リアル口座開設」というボタンをタップもしくはクリックすると、XMから「お口座の詳細」というメールが届くので確認しましょう。

メールには開設した追加口座のIDやサーバー名が記載されているので、失くさないように注意してくださいね。

XMの追加口座を開設する流れは以上のとおりです。マイページから3分もあれば開設することができますね!

\ 追加口座開設はマイページから! /

URL:https://my.xmtrading.com/member

XMの追加口座を開設するメリット

XMの追加口座を開設するメリット

XMTrading(エックスエム)では、1人つき最大8口座まで保有することができます。

メインの口座に加えて、追加口座を開設するメリットを5つ紹介します!

それぞれ順番に見ていきましょう。

複数の口座タイプを試すことができる

XMの追加口座を開設する1つ目のメリットは「複数の口座タイプを試すことができる」ことです。

XMは、口座開設時にスタンダード口座・マイクロ口座・XMTrading Zero口座(ゼロ口座)・KIWAMI極口座(極み口座)の4つの口座タイプから選ぶことができます。

しかし、後から開設した口座のタイプを変更することはできません。そこで、追加口座を開設することで別の口座タイプも試すことができるようになります!

スクロールできます
口座タイプスタンダード口座マイクロ口座Zero口座KIWAMI極口座
最大レバレッジ1,000倍1,000倍500倍1,000倍
手数料なしなし往復10ドルなし
スプレッド平均1.0pips平均1.0pips0.0pips〜0.6pips~
1ロット10万通貨1,000通貨10万通貨10万通貨
口座開設ボーナス対象対象対象対象
入金ボーナス対象対象対象外対象外
XMの口座タイプ比較表
XMの各口座タイプの特徴
  • スタンダード口座:XMでもっともオーソドックスな口座タイプ。
  • マイクロ口座:スタンダード口座よりも小額で取引したい方向けの口座タイプ。
  • ゼロ口座:狭いスプレッドで取引したい方向けの口座タイプ。
  • KIWAMI極口座:XMの中で最も低コストで取引できる上級者向けの口座タイプ。

上記のように、XMは口座タイプによってレバレッジやスプレッド・通貨単位などの取引条件が異なります。

どの口座タイプが自分に合っているのか、気軽にXMのマイページから追加口座を開設して試してみることができますよ!

なお、XMの口座タイプについてはXMの口座タイプ徹底比較でさらに詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

複数口座でトレード手法を分けて取引できる

XMの追加口座を開設する2つ目のメリットは「複数口座でトレード手法を分けて取引できる」ことです。

例えば「口座Aではスキャルピング」「口座Bではスイング」「口座Cではデイトレード」といったように、複数口座でトレード手法をわけて取引することも可能です。

特にスタンダード口座はボーナスも使ったデイトレードに向いていますが、スキャルピングをするなら間違いなくゼロ口座もしくはKIWAMI極口座が向いています。

手法に合った口座タイプを使い分けることで、より効率的に資金を増やすことが可能になりますよ!

異なるレバレッジを試すことができる

XMの追加口座を開設する3つ目のメリットは「異なるレバレッジを試すことができる」ことです。

レバレッジは「てこの原理」のことで、XMなら元手となる証拠金の最大1,000倍までレバレッジをかけることができます。

ただし、必ずしもレバレッジ1,000倍でトレードする必要はなく、追加口座を開設することで異なるレバレッジを試すことも可能です!

XMで選択できるレバレッジ

1・2・3・5・10・15・20・25・50・66・100・200・300・400・500・888・1,000(計17段階)

※ゼロ口座は888・1,000倍を除いた15段階

上記のように、XMでは17段階からレバレッジを選んで口座開設することができます。

レバレッジが異なる追加口座を開設することで「ハイレバトレード用」や「低レバでじっくり資金を増やす用」のように、リスク別に口座をわけてトレードすることもできますよ!

MT4・MT5の両方を使うことができる

XMTrading(エックスエム)のMT4画面の画像

XMの追加口座を開設する4つ目のメリットは「MT4・MT5の両方を使える」ことです。

XMでは、取引プラットフォームとしてMT4とMT5、両方の取引ツールを使うことができます。しかし、1つの口座で使うことができるのは1つの取引プラットフォームだけです。

そこで追加口座を開設すれば、どちらも利用できるようになります!

スクロールできます
プラットフォームMT4MT5
動作スピード普通早い
時間足9種類21種類
標準搭載のインジケータ30種類38種類
カスタムインジケータ・EAの数豊富少ない
対応海外FX業者ほぼ対応一部のみ
アップデート終了あり
MT4/MT5の比較

MT4とMT5を比較したのが上の表です。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、一概に「MT4がいい」「MT5の方がいい」と言うことはできません。実際にトレードしてみて、自分にとって扱いやすい方を使うのが一番です。

XMのマイページから追加口座を開設して、ぜひMT4とMT5の両方を試してみてくださいね!

なお、XMのプラットフォームを変更して取引を始める手順については、XMの取引プラットフォーム変更手順で解説しているので参考にしてみてください。

別口座を資金プール用として使うことができる

XMの追加口座を開設する5つ目のメリットは「別口座を資金プール用として使うことができる」ことです。

多くのトレーダーが悩んでいるのが「コツコツ・ドカン」ですよね。コツコツ積み上げてきた利益を、一回の損失でドカンと吹き飛ばしてしまうことを指します。

この「コツコツ・ドカン」を避けるために有効なのが、資金プール用の別口座を作ることです!

資金プール用口座の活用例
STEP
口座Aで資金10万円でトレードを始める

まずは口座Aを使い、資金10万円からトレードを始めるとしましょう。

STEP
利益が出て口座残高が15万円になる

口座Aでトレードをしていたら、利益が発生して口座残高が15万円になったとします。

STEP
利益分の5万円を別口座Bに移動する

口座残高15万円のうち、利益分の5万円を別で作った口座Bに移動します。

STEP
再び口座Aで資金10万円でトレードを始める

口座Bに5万円を移動したことで、口座Aの残高は再び10万円になります。

この10万円を証拠金にして、再び口座Aでトレードを始めます。

STEP
利益が出たら定期的に別口座にプールする

もし口座Aで利益が出たら、定期的に別口座に資金をプールしましょう。

「口座残高が5万円増えたら」といった形で、金額を決めてしまうのをおすすめします。

このように、資金が一定額まで増えたら利益分を別口座にプールして、また同じ口座残高でトレードを始めます。

すると口座残高が増えてもメンタルがブレることなく、常に一定の精神状態を保つことができます。もし口座Aの残高が0になってしまったら、プール用の口座Bから戻してくればOKです。

資金プール用の別口座を作ることで成績が安定するトレーダーも多いので、「コツコツ・ドカン」に悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね!

\ 追加口座開設はマイページから! /

URL:https://my.xmtrading.com/member

XMの追加口座・複数口座とボーナスのルール

XMの追加口座とボーナスのルール

XMTrading(エックスエム)は、豪華なボーナスキャンペーンが特徴の海外FX業者です。

ただし、追加口座を開設して複数口座を運用する際には知っておくべきボーナスのルールがあります。

今回は、上記の4つにしぼって順番に解説します!

口座開設ボーナスはもらえない

XMで追加口座を開設しても、13,000円分の口座開設ボーナスはもらえません。

なぜなら、口座開設ボーナスを受け取れるのは1アカウントにつき1回のみで、最初に開設した口座にだけ反映されると決まっているからです。

なお、ボーナス目当てで別のメールアドレスを使って口座開設しようとする方がたまにいます。

しかし、複数アカウントの口座開設は規約違反であり、すべての口座が凍結されてしまう可能性があります。絶対にやらないようにしましょう!

追加口座でも入金ボーナスは上限額までもらえる

XMの追加口座では新規口座開設ボーナスがもらえない一方で、入金ボーナスは上限額までなら受け取ることができます。

1アカウントで受け取れる入金ボーナスの上限額は約150万円分です。

XMの入金ボーナスの上限額
  • 100%入金ボーナス:最大500ドル分(=約70,000円分)
  • 20%入金ボーナス:最大10,000ドル分(=約1,400,000円分)

1アカウントにつき合計10,500ドル分(=約150万円)

たとえば最初に開設した口座Aに加えて、口座Bを追加で作ったとします。口座Aでは入金してトレードしたことがあり、すでに100万円分の入金ボーナスを受け取っていたとしましょう。

このとき、追加で作った口座Bではまだ残り50万円分の入金ボーナスを受取可能です。つまり、入金ボーナスは約150万円の上限額までなら複数口座に何回に分けて入金しても受け取ることができますよ!

XMTrading Zero口座(通称:ゼロ口座)とKIWAMI極口座は入金ボーナスの対象外です。追加口座でも入金ボーナスをもらいたいときは、XMのマイページでスタンダード口座かマイクロ口座を開設しましょう。

追加口座間で資金移動するとボーナスも移動する

追加口座を作ったら、既存口座から追加口座に資金移動することもあるでしょう。

このとき、移動する資金の割合に応じてボーナスも移動します。

例として、40,000円の残高と20,000円のボーナスが反映されている口座Aから、資金の50%にあたる20,000円を追加口座Bに移動したとしましょう。

→(資金移動前) 口座Aに40,000円の残高と20,000円分のボーナス

口座口座A口座B
残高40,000円0円
ボーナス20,000円0円
資金移動前の残高とボーナス

→(資金移動後) 口座Aから20,000円の残高を追加口座Bに移動

口座口座A口座B
残高20,000円20,000円
ボーナス10,000円10,000円
資金移動後の残高とボーナス

上記のように、残高の半分を追加口座に移動したらボーナスも半分だけ移動します。例えば資金の70%を追加口座に移動させたら、ボーナスも70%が移動するということです。

なお、ボーナスだけを移動させることはできないので注意が必要ですよ!

出金するとボーナスも同じ割合だけ消滅する

さいごに、資金を出金するとボーナスも同じ割合だけ消滅します。

考え方は資金移動のときと同じです。口座内の資金をすべて出金したら、ボーナスも0にリセットされます。資金を50%出金したら、ボーナスは50%だけ口座内に残ります。

なお、これは既存口座でも追加口座でも統一のルールです。

出金したときに「あれ?ボーナスが減ってる?」と驚かないように注意しましょう!

なお、XMのボーナスについてはXMのボーナスキャンペーンまとめで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

\ 追加口座開設はマイページから! /

URL:https://my.xmtrading.com/member

XMの追加口座・複数口座に関する注意点

XMの追加口座・複数口座に関する注意点

XMTrading(エックスエム)で追加口座を開設して複数口座を運用するときには、いくつか注意点があります。

追加口座を作って実際に取引する前に、上記の10個を確認しておきましょう!

それぞれ順番に解説します。

1アカウントにつき最大8口座まで保有できる

まず1つ目の注意点は「1アカウントにつき最大8口座まで保有できる」ことです。

XMでは、1アカウントにつき最大8口座までリアル口座を開設可能です。すでに8口座を開設している場合、さらに追加口座を開設することはできません。

すでに8口座を開設してしまっている場合は、追加口座の削除方法を参考に口座解約してから追加口座を開設しましょう!

証拠金残高の合計でレバレッジ制限がかかる

続いて2つ目の注意点は「証拠金残高の合計でレバレッジ制限がかかる」ことです。

XMでは、証拠金残高が一定額をこえると最大レバレッジに制限がかかります。証拠金残高と最大レバレッジの関係をまとめたのが下の表です。

証拠金残高最大レバレッジ
$5 – $40,0001,000倍
$40,001 – $80,000500倍
$80,001 – $200,000200倍
$200,001 以上100倍
XMの証拠金残高とレバレッジ制限

証拠金残高が$40,001、日本円にして約600万円を超えると最大レバレッジは500倍まで制限されます。

そして、この「証拠金残高」とは1つの口座の残高ではなく、保有しているすべての口座の残高と含み益を合計した金額です。たとえば4つの口座を持っていて、証拠金と含み益の合計残高が600万円を超えるとレバレッジが500倍に制限されるということです。

口座残高が増えてきたら、こまめに出金するなどしてレバレッジ制限がかからないように注意しましょう!

なお、XMのレバレッジのルールについてはXMのレバレッジルールまとめで解説しています。レバレッジの規制ルールや確認方法・変更手順など、さらに詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

追加口座は有効化する必要がない

続いて3つ目の注意点は「追加口座は有効化する必要がない」ことです。

すでに既存口座で本人確認が完了していれば、追加口座で本人確認書類を提出して口座有効化する手続きは不要です。

追加口座を開設したら、すぐにその口座で取引を始めることができますよ!

複数口座間の両建ては禁止されている

続いて4つ目の注意点は「複数口座間の両建ては禁止されている」ことです。

XMでは、同一口座内の同一通貨ペアでの両建てのみ認められています。複数口座を利用した両建ては、XMの利用規約で禁止されています。

複数口座間での両建てによる罰則
  • アカウントの利用停止
  • 出金拒否
  • 利益の抹消

複数口座で両建て取引をすると、上記のような罰則・ペナルティーを受ける可能性があります。「知らなかった」では済まされないので、しっかり頭に入れておいてくださいね!

なお、XMの禁止事項や利用規約違反となる取引ルールについては、XMの禁止事項・利用規約違反まとめで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
XMの禁止事項・利用規約違反となる取引ルールまとめ!【ペナルティに注意】 XMTrading(エックスエム)には、利用規約で禁止されている取引方法がいくつかあります。 この禁止事項を知らずにXMでトレードすると、口座凍結や出金拒否などのペナル...

基本通貨の異なる別口座に資金移動すると手数料がかかる

続いて5つ目の注意点は「基本通貨の異なる別口座に資金移動すると手数料がかかる」ことです。

基本的に資金移動の手数料は無料ですが、基本通貨が異なる口座に資金移動するときは0.3%ほどの両替手数料がかかります。

XMの基本通貨は、日本円(JPY)・米ドル(USD)・ユーロ(EUR)から選択できますが、「基本通貨がJPYの口座」→「基本通貨がUSD」の口座に移動する場合などには手数料がかかるので注意しましょう!

資金移動の「リクエスト送信」時に両替後の金額を確認することができます。

口座を放置すると休眠・維持手数料がかかる

続いて6つ目の注意点は「口座を放置すると休眠・維持手数料がかかる」ことです。

XMでは「ログインがない状態」や「トレード・入金・出金がない状態」で90日間経過すると、口座が休眠状態に入ってしまいます。

休眠口座になると、残高がある場合は5ドル(約500円)が口座維持手数料が毎月引かれてしまいます。長期間トレードする予定がない場合は、必ず口座から出金しておくようにしましょう!

口座凍結は追加口座を開設するしかない

XMTrading(エックスエム)のログインページの画面

続いて7つ目の注意点は「口座凍結は追加口座を開設するしかない」ことです。

XMのマイページにログインしようとしたときに、上の写真のように「ログインできません」と表示されることがあります。これは、口座が凍結しています。

口座凍結までの流れ
  • 90日間ログインや取引がないと、口座は休眠状態に入る。
  • 残高がある場合、毎月5ドルの口座維持手数料が引かれる。
  • 残高が0になったあと、さらに90日以上利用がないと口座凍結。

口座が凍結しているとマイページにログインすることができず、もちろんトレードすることもできません。

口座が凍結したときの対処法は「新規口座を開設する」しかありません。もしトレードを続けたい場合は、XMの公式ホームページから新しいリアル口座を開設しましょう!

なお、XMの口座凍結の原因や解除方法はXMの口座凍結・休眠の原因と解除方法で解説しているので参考にしてみてください。

追加口座・複数口座でもEAを利用できる【両建てに注意】

続いて8つ目の注意点は「追加口座・複数口座でもEAを利用できる」ことです。

XMでは、追加口座を開設して複数口座でEA(自動売買システム)を稼働させても問題ありません。

ただし、複数口座でEAを稼働させるときは両建てしていると思われないようロジックには注意する必要がありますよ!

裁量トレードであってもEA(自動売買システム)を使ったトレードであっても、複数口座間の両建ては利用規約違反で口座凍結・出金拒否の対象となります。

デモ口座も複数開設することができる

続いて9つ目の注意点は「デモ口座も複数開設できる」ことです。

XMは、リアル口座だけでなくデモ口座も複数開設してトレードすることができます。具体的には、1つのメールアドレスにつきデモ口座を最大4口座まで開設可能です。

仮想残高でXMのレバレッジや口座タイプをいくつか試してみたい方は、ぜひ複数のデモ口座を開設してトレードしてみてくださいね!

なお、XMのデモ口座の開設方法や使い方をより詳しく知りたい方は、XMのデモ口座を続けて読んでみてください。

複数口座の損益はまとめて確定申告する

さいごの注意点は「複数口座の損益はまとめて確定申告する」ことです。

複数口座でトレードしていて、それぞれの口座で利益がでた場合は全口座の損益を合計して確定申告をしましょう。

確定申告をしなかった場合は追加で税金を課される可能性があるので、漏れがないように注意してくださいね!

ちなみに、年間で損失が出た場合は確定申告をする必要はありませんが、「事業所得などの他の所得」と「トレードの損失」を相殺できることもあるので、確定申告をしておくことがおすすめです

\ 追加口座開設はマイページから! /

URL:https://my.xmtrading.com/member

XMの追加口座を削除・解約する方法

XMの追加口座を削除・解約する方法

XMTrading(エックスエム)の追加口座を削除・解約する方法を解説します。

口座を使わなくなった場合や、1アカウントの上限である8口座を超えて追加口座を開設したいときは、次の流れでXMのマイページから口座を削除もしくは解約しましょう!

XMの追加口座削除・解約手順
STEP

XMのマイページにログインする

XMTradingのログインページの画像

まずはXMのマイページにログインしましょう。

STEP

口座のメニューから「口座を解約する」を押す

XMTradingのマイページの画像

XMのマイページにログインしたら、「口座の概要」から削除したい口座の青い丸をクリックもしくはタップしましょう。

すると上の写真のようにメニューが開くので、一番下にある「口座を解約する」を選択します!

STEP

「取引口座を解約する」を選択する

XMTradingのマイページの画像

上の写真のような画面が表示されます。

問題なければ「取引口座を解約する」というボタンを押しましょう!

STEP

「XMTradingの口座解約」というメールを確認する

XMの口座解約確認画面

上の写真のような画面に切り替わります。

すぐに表示されているメールアドレスに「XMTradingの口座解約」というメールが届くので確認しましょう。

STEP

メール内の「取引口座を解約する」を押す

XMから口座削除・解約の確認メール

メールには削除する口座のIDが記載されています。

「取引口座を解約する」という赤いボタンを押しましょう!

STEP

「取引口座を解約する」というボタンを押す

XMTradingのマイページの画像

メール内のボタンを押すと、再びブラウザが立ち上がって上の写真のような画面が表示されます。

「取引口座を解約する」を押しましょう。

STEP

追加口座の削除・解約が完了!

XMTradingのマイページの画像

上の写真のような画面が表示されれば、追加口座の削除・解約は完了ですよ!

XMの追加口座を削除・解約する流れは以上です。

追加口座を削除・解約するときの注意点

XMの追加口座削除の注意点
  • 処理中の出金依頼や残高、資金振替があると口座を削除できない。
  • ポジション保有中は口座を削除することができない。
  • 口座の削除や解約は、ポジション決済もしくは資金振替が完了してから24時間後に手続きする必要がある。

XMの追加口座を削除・解約するときは、上記の3点について確認しておきましょう。

特にポジション決済後や資金振替の完了後に、口座の削除や解約まで24時間以上あけないといけないのは注意が必要です!

\ 追加口座開設はマイページから! /

URL:https://my.xmtrading.com/member

XMの追加口座に関するよくある質問と回答

XMは追加口座を何個まで開設することができますか?

XMでは1アカウント・1メールアドレスにつきリアル口座を最大8口座まで開設することができます。

XMの追加口座に資金移動するとボーナスはどうなりますか?

XMの追加口座に資金移動すると、資金移動した金額の割合だけボーナスも移動します。

XMは追加口座でも入金ボーナスをもらうことはできますか?

XMの入金ボーナスは1アカウントごとに最大で約150万円分という上限額が決まっており、複数口座に何回に分けて入金しても150万円分までであればボーナスを受け取ることができます。

XMは追加口座を削除・解約することはできますか?

XMでは追加口座の削除・解約が可能です。XMのマイページから「アクション」→「オプションを選択する」➝「口座を解約する」から削除可能です。

XMの複数口座でトレードしている場合、ゼロカットは口座ごとに適用されますか?

XMのゼロカットは、複数口座でポジションを保有していても各口座単位で執行されます。1口座でゼロカットになっても、別口座でゼロカットが執行されることはありません。

XMの追加口座は自分のアカウントに自動で紐付けされるのでしょうか?

XMでは追加口座を開設すれば、ご自身のアカウントに自動で紐付けされます。

XMは追加口座でトレードしてもXMポイント(XMP)は貯まりますか?

XMポイント(XMP)はアカウントで共有となっているので、追加口座でトレードしても貯まります。

XMの追加口座にログインできないのはなぜでしょうか?

XMの追加口座にログインできないのは、ログイン情報が間違っている(再設定可能)、長期間ログインがなく口座が凍結している、という理由が考えられます。XMのログインに関しては、XMのログイン方法を参考にしてみてください。もしどうしても追加口座にログインできない場合は、XMの日本語サポートデスクにお問い合わせください。

XMはMT4が使える口座を複数開設することはできますか?

XMでは、MT4口座を最大8口座まで開設することができます。

XMは複数口座でEAを稼働させることはできますか?

XMでは複数口座でEA(自動売買システム)を稼働できますが、EAのロジックによっては両建てと判断されることがあるので注意が必要です。

XMの追加口座はスマホから開設できますか?

スマホからXMのマイページにログインすることで、追加口座を開設することができます。

別のパソコンやスマホを使ってトレードしたいのですが、XMでは追加口座を開設する必要はありますか?

複数のパソコンやスマホを利用する場合、XMで追加口座を開設する必要はありません。XMでは、1つのMT4・MT5の口座番号で複数のデバイスからログインすることができます。

別のメールアドレスを利用してXMで追加口座を開設することはできますか?

XMでは、1人につき1つのメールアドレス・1アカウントまでしか保有することができません。

XMの複数口座で同時にトレードすることはできますか?

XMは複数口座で同時にトレードすることが可能です。例えばパソコンとスマホそれぞれにMT4・MT5をインストールしたり、取引ツールを分けることで同時に取引することができます。なお、複数口座で同一通貨ペアを同時に保有する両建ては利用規約で禁止されているのでご注意ください。

XMの口座維持手数料は複数口座で発生しますか?

XMでは、残高がある状態でリアル口座を90日間放置すると休眠口座となり、毎月5ドルの口座維持手数料が発生します。この口座維持手数料は、複数口座が休眠すれば複数口座から差し引かれていきます。

XMは複数口座でレバレッジを変えて取引しても問題ありませんか?

XMは複数口座でレバレッジを変えて取引しても問題ありません。

XMは追加口座のパスワードを同じものにしても問題ありませんか?

XMは追加口座のパスワードをすでに開設した口座と同じものにして使い回しても問題ありません。

XMは複数口座から同時に出金することはできますか?

XMは複数口座から同時に出金することが可能です。

XMのKIWAMI極口座を追加で開設することはできますか?

XMのマイページからKIWAMI極口座を追加で開設することができます。XMのKIWAMI極口座については、XMのKIWAMI極口座まとめをご覧ください。

【まとめ】XMの追加口座を完全解説

XMTrading(エックスエム)の追加口座について解説してきました。

追加口座を開設するだけでリスク分散になり、トレードの成績が安定するようになった人もたくさんいます。

特になかなかトレードがうまくいかないという人は、ぜひXMのマイページから複数口座を開設して運用してみてくださいね!

\ 追加口座開設はマイページから! /

URL:https://my.xmtrading.com/member

本記事は以上になります。

コメント・シェアお待ちしています!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Vantage Mediaは、Vantage Prime Trading Limitedが監修・運営するインターネットメディアです。Vantage Media編集部は実際に海外FX業者のオフィスを訪問し、担当者との情報交換で得た情報をもとに記事を執筆しています。Vantage Mediaでは、海外FX業者の使い方からボーナス・レバレッジ・スプレッドといった詳しい情報について、正確性・迅速性に重点を置いて解説しています。

コメント

コメントする

目次