loading
もっと見る
検索
  • 全て
    取引
    取引プラットフォーム
    分析
    キャンペーン
    Vantage Tradingについて
  • Search
キーワード
  • facebook
  • instagram
  • twitter
ビットコイン半減について理解を深める:初心者ガイド

目次

ビットコイン半減について理解を深める:初心者ガイド

ビットコイン半減について理解を深める:初心者ガイド

Vantage 更新済み 2024年7月5日 11:13:38 GMT+9

次のビットコイン半減期は2024年4月に予定されていますが、このイベントにより暗号通貨価格が急騰することが広く予想されています。一部では、BTCが7万米ドルの最高値を更新すると予測していま[1]

その理由は何でしょうか?半減とは何か?投資家は事前に何をすべきなのでしょうか?

 要点

  • 2024年4月のビットコインの半減期は、供給をコントロールして価値を刺激することを目的としたマイニングの報酬の減少により、ビットコインの価格が大幅に上昇し、過去最高値を上回る可能性があると予想されています。
  • 2008年のジェネシスブロックの誕生から、ビットコインが認知され史上最高値を達成するまでの道のりは、金融市場において不安定ながらも影響力のある存在であることを強調しています。歴史的に半減期は価格の急騰につながっています。
  • ビットコインの半減期に備えるには、マイニングコストと市場のボラティリティへの影響を理解することが必要です。投機的な市場動向の中でコスト効率、リスク管理、情報に基づいた意思決定に重点を置いた、マイナーと投資家向けの戦略が必要です。

ビットコイン概論

ビットコイン[2,3]の歴史

ビットコインは、サトシ・ナカモトというペンネームを使った個人またはグループによって、2008年10月のホワイトペーパーで初めて紹介され、「完全にP2Pで、信頼できるサードパーティを持たない新しい電子キャッシュシステム 」であることが説明されました。 

2009年1月、ビットコインの最初のブロックがマイニングされました。ブロック0、またはジェネシスブロックとして知られ、「タイムズ紙 2009年1月3日号、財務大臣 銀行への第2次救済に踏み切る」というフレーズが含まれていました。これは新聞の見出しで、日時の証明になると考えられていました。 

当初ビットコインは、暗号コミュニティやその他の非主流派の間でのみ関心を集めていました。しかし2010年5月22日、プログラマーのラズロ・ハニエツ氏が大きなピザ2枚を1万BTCで購入したことがきっかけで、初めて認知されるようになりました。当時、1BTCは約0.1米ドルの価値がありました。この出来事は、デジタル通貨を使った史上初の商業取引となりました。

その後、BTCの価格はジェットコースターのように乱高下しました。2011年にはドルとの理論価格に達し、6月8日には29.6米ドルのピークにまで上昇しました。

この劇的な急騰と暴落のパターンは、暗号通貨の特徴となりました。さまざまな理由や出来事に後押しされ、BTCは最高値を更新し続けました。そのたびに人目を引く見出しが増え、広く認知され関心を集めるようになりました。 

BTCは2021年11月8日に史上最高値の67,566.83米ドルを記録しました。半減が迫っていることから、この記録的な価格を上回るだろうという意見が広まっています。

暗号通貨の基本原則 [4,5]

暗号通貨は、取引の検証を銀行などの第三者に依存しないデジタル決済システムです。ネットワークにアクセスする手段さえあれば誰でも送受信が可能なP2Pシステムにより、取引は暗号技術の使用によって検証されます。 

暗号通貨は、トラストレス(ネットワークに参加するすべての人がトランザクションを独立して検証すること)、透明性(トランザクションは公開されている台帳に保存される)、イミュータブル(トランザクションを改ざん、削除、上書きできない)であるように設計されています。これは暗号通貨の基盤となるブロックチェーン技術によるものです。 

暗号通貨は、個々のユーザーがお金の管理をするため、銀行や金融機関による誠実で正確な記録管理に依存する従来の金融システムに代わるものとして提案されています。

分散型金融の概要 [6]

暗号通貨の設計原理から派生した分散型金融(DeFi)は、金融取引から第三者機関や中央集権的な機関を排除することを目的としています。

その利点は、コスト(銀行送金手数料など)を削減し、取引時間を短縮することです。例えば、銀行送金は通常、完了までに2~3営業日かかります。 

DeFiは、ブロックチェーン技術の自動公開台帳に依拠し、P2P取引を可能にし、検証し、記録します。理論的には、ユーザーは第三者を介することなく、安全な方法で、より迅速に支払いを送受信することができるのです。

しかし、実際には、DeFiは詐欺や不出来なアプリケーションに弱く非常に未成熟な分野です。より明確な規制と顧客保護が必要となります。

ビットコインは暗号通貨であり、DeFiとは異なることに留意してください。評判の良い暗号取引所でビットコインを売買する方が、独自の暗号通貨を持つ無名または疑わしい当事者が作成したDeFiアプリケーションに参加するよりもリスクが低くなります。

ビットコインの基礎知識

ビットコインとは? [7]

最初に発明された暗号通貨であるビットコインは、暗号技術によって保護されたP2Pのデジタル決済ネットワークです。2人のユーザー間の取引を検証および記録することができ、公開可能な台帳システムを採用しています。 

その独自の設計により、ビットコイン上ネットワーク上で行われるトランザクションは永続的かつ不変であり、一方向にしか行われません。つまり、ビットコイントークンを他のユーザーに送ることはできますが、トランザクションを元に戻すことはできません。返金を希望する場合は、相手側がビットコインをあなたに送金する必要があります。

ユーザーは暗号通貨ウォレットを使用してビットコインネットワークとやり取りします。これはブロックチェーンへのインターフェースを提供するアプリケーションで、公開暗号鍵として機能する文字と数字の文字列によって識別されます。また、トランザクションに安全に署名するために使用される秘密暗号鍵もあり、ウォレット所有者だけがトランザクションを開始および検証できるようにします。 

ビットコインのトランザクションは検証され、ビットコインのブロックチェーンに追加されます。完了すると、ブロックチェーンエクスプローラーを使用して誰でも閲覧できる永続的な記録となります。

ビットコインのブロックチェーンを理解する[8]

ブロックチェーンはデジタル台帳のため、記録は追加できますが、削除や変更はできません。また、分散型であり、複数のコピーがネットワークの全メンバーに配布されます。 

それぞれの(本物の)暗号通貨は独自のブロックチェーンを持っており、ビットコインのブロックチェーンは、すべてのビットコイン取引を検証し記録します。データをブロックに格納し、ブロックは時系列で暗号的にリンクしています。 

各ブロックには、前のブロックからの検証可能な情報が含まれており、これがブロックチェーンの整合性を維持するのに役立っています。

ビットコインネットワークに送信されたトランザクションは、ブロックに整理され、保存されます。各ブロックがいっぱいになると、ハッシュと呼ばれる複雑な数学的問題で暗号化されます。ネットワークの参加者は、「マイニング」として知られるプロセスでハッシュを解くために競い合います。

ハッシュを解いた最初の「マイナー」は、そのブロックをブロックチェーンのコピーに追加し、ソリューションをネットワークにブロードキャストします。

その後、他のネットワーク参加者がそのソリューションを検証する。最低5つの検証が完了すると、ソリューションは検証済みとみなされ、ブロックはネットワーク内のブロックチェーンのすべてのコピーに追加されます。

ノードの役割とトランザクションの検証方法 [9]

マイニングと検証を行うビットコインブロックチェーンの参加者は「ノード」と呼ばれます。上記の説明のように、ノードはマイニングのプロセスを通じてビットコインのトランザクションを検証するのを支援します。

各ノードはビットコインのブロックチェーンの独自のコピーを持ち、上述のプロセスを通じて、他のノードが所有するコピーに対して常にそのコピーを検証します。また各ノードは、ブロックがネットワークによって確認および検証されるたびに、ブロックチェーンのコピーを更新します。 

ブロックチェーンの分散型の性質により、ハッキングや乗っ取りに対して非常に耐性が高くなります。 

ブロックチェーンの複数のコピーが同時に存在し、すべてのコピーがリアルタイムで更新されるため、ビットコイン ネットワークの制御を試みる攻撃者は、自分のバージョンのブロックチェーンをネットワーク全体に強制的に受け入れさせるために、ネットワーク全体の少なくとも 51% に相当する計算能力が必要になります。これは非現実的で多額のコストがかかる試みであり、実行される可能性はほとんどありません。

ビットコイン・マイニング入門 [10]

ビットコインのマイニングとは何か?なぜ必要なのか。

ビットコインマイニングとは、ビットコイン取引を検証するために複雑な数学的問題を解くプロセスを指します。

ビットコインのトランザクションを含むブロックが本物であることを確認する必要があります。永続的な記録としてブロックチェーンに追加される資格があることを確認しなければなりません。マイニングは、同じビットコイントークンが2回使用される「二重支出」問題を防ぐためにも必要なのです。

ビットコインのネットワークは、複雑な数学問題を更新するようにプログラムされており、ソリューションは10分に1回見つかるようになっています。マイナーがネットワークに参加(または離脱)すると、複雑さ(およびハッシュを計算するための計算能力)はそれに応じて調整されます。

ビットコインの人気を考えると、ハッシュを計算する現実的なチャンスを得るためには、極めて高いレベルの計算能力が必要となります。競争力を高めるために、ビットコインやその他の暗号通貨のマイナーは、特定用途向け集積回路マイナーと呼ばれる、高度に特殊化されたハードウェアを一般的に利用しています。 

マイニングが重要である理由はもう1つあります。それは、ビットコイントークンが生成され、流通される方法です。

プルーフ・オブ・ワークとマイニング報酬の配分方法

ビットコインのネットワークで使われている検証システムは「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」として知られています。「プルーフ」とは、必要な計算を成功させた人が、そのデータを「承認」することです。

ハッシュの計算に成功し、ブロックが検証されると、最初に計算を完成させたマイナーにビットコインが支払われます。時間が経つにつれて、より多くのブロックが解決されると、マイナーはネットワークの検証と安全確保における作業の対価として、ネットワークからビットコイントークンを集められます。トークンの一部を暗号取引所で売却して現金を調達し、収入を得ます。

マイナーは、ブロックを解いてビットコイントークンを得る他に、ネットワーク上のトランザクションを検証して取引手数料(ビットコイントークンで付与)も得られます。ただし、トランザクション手数料は、ブロックを解決することで得られるマイニング報酬に比べると、はるかに少額です。

ビットコイン半減とは? [11]

ビットコイン半減の概要

マイニングに成功した各ブロックに与えられる報酬額は固定されていません。ネットワークは21万ごと、または約4年ごとにマイニング報酬を半分に減らすようにプログラムされています。

このイベントはビットコインハービングと呼ばれ、投資家やマイナーにとって重要な意味を持ちます。

2009年には、1ブロックをマイニングするごとに50BTCを獲得できました。しかし、ビットコインハービングにより、ブロックごとに付与されるBTCの額は2012年には25BTC、2016年には12.5BTC、2020年には6.25BTCに減少しました。

2024年4月に予定されているビットコインの半減期では、マイニング報酬は1ブロックあたり3.125BTCに下がります。今日の価格(62,163米ドル)では、マイナーは1ブロック解決するごとに約20万2,000米ドルを得ることになります。

ビットコイン設計における半減の目的

ビットコインの報酬は定期的に半減され、市場に参入する新しいビットコイントークンの供給を減速させることで、トークンのインフレを抑制しています。

供給を減らすことでビットコインの希少性が高まり、暗号通貨の需要が高まります。これは、2,100万ビットコインの流通上限という提案によってさらに強化されます。 

この数に達すると(2140年中と推定されている)、マイニング報酬としてビットコイントークンはそれ以上リリースされなくなりますが、それでも取引手数料としてノードに少額が支払われる可能性があります。

歴史的な半減とその影響 [12]

ビットコインはこれまでに3回の半減期を迎えてました。半値戻しのたびに多くの投機と関心が集まり、BTC価格が急騰することが観察されています。しかし、このような暴騰が続くことはまれで、BTC価格はその後下落しました。 

以下は、過去3回の半減期におけるBTC価格への影響をまとめたものです。

半減サイクル半減中のビットコイン価格
1回目 (2012年11月28日)半額時の価格: 13米ドル翌年のピーク時:1,152米ドル
2回目 (2016年7月16日[FS1] )半額時の価格:664米ドル翌年のピーク時:17,760米ドル
3回目 (2020年5月11日)半額時の価格:9,734米ドル翌年のピーク時:67,549米ドル

もちろん、ビットコインのように不安定で未成熟な資産において、過去のトレンドは将来のパフォーマンスを示すものではありません。しかし、一時的でもビットコイン半減が効果を発揮していることは興味深い事実です。

ビットコイン半減スケジュールと今後の予測

前述の通り、ビットコインの半減期はネットワークに組み込まれているため、定期的に発生します。21万ブロックがマイニングされるごとに行われるため、およそ4年に1度の割合となります。 

これは暦に従っているのではなく、ブロックのマイニング速度に依存します。マイニング速度にも変動があり、ネットワークにどれだけのコンピューティングパワーが配備されているか、規制当局の取り締まりやマイニングの禁止、電気料金の変動、さらには一般市民の間でビットコインのマイニングがどの程度普及しているかなどの変数に左右されます。

ビットコインネットワークが稼働し続ける限り、ビットコイン半減は2千1百万ビットコインブロックがマイニングされるまで起こり続けます。 

これまでのところ、半減期の翌年にはBTC価格が劇的に上昇することが確認されており、より楽観的な人は、2024年4月に予定されている半減期後にも同じことが起こると感じているかもしれません。

しかし、注意を促す声もあります。JPモルガンは、BTCは4月の半減期による最初の熱狂が収まった後、4万2千米ドルまで下落する可能性があると警告しています。同社は、半減期後にマイニングコストの上昇を挙げており、マイナーが保有するBTCの売却を増やす可能性があるとしています[13]

ビットコイン半減はなぜ起こるのか?

ビットコイン供給とインフレのコントロール

ビットコイン半減の主な目的は、新しいトークンが流通するペースをコントロールすることです。時間の経過と共に市場に出回るビットコインが少なくなるため、暗号通貨の供給はますます減少し、資産価格の下支えとなるでしょう。

もう1つの理由は、トークンのインフレを抑制するためです。BTCが無限に供給されれば、暗号通貨はますます需要がなくなり、トークンの価格は暴落します。

長期投資の促進

暗号通貨の希少性を高めることで、投資家がトークンを保有するインセンティブを生み出します。

特に、2千1百万ビットコインがマイニングされた後、ネットワークが新しいトークンのリリースを停止すると、BTCの希少性が高まるため、その価格は自然に上昇するという考え方です。

従ってビットコイン半減は、トークンを長期投資としてより魅力的なものにしています。実際、ビットコインを「デジタルゴールド」と見なす投資家がいるのは、この内蔵された希少性と長期的な価値貯蔵の可能性のためなのです[14]

ビットコイン半減の影響

半減がビットコインマイニングに与える影響

マイニング報酬は毎回50%削減されるため、ビットコインの半減期によりマイナーがBTCを獲得することが難しくなり、収入を継続的に得ることが難しくなります。。

BTC報酬の減少は、特に暗号通貨の価格上昇によって相殺される可能性がありますが、価格が下落傾向にある場合、ビットコインマイナーが運用を維持するのに十分な収益を得ることが困難になる可能性があります。

結局のところ、ビットコインのマイニングにはコストがかかり、大量の電力と特殊なハードウェアやマシンが必要になります。そのため、ビットコインのマイニングのコストは地域によって異なります。

2022年に自宅でマイニングを行っている個人のビットコインマイナーを対象にした調査では、1 BTCのマイニングコストは266米ドルから20万米ドル以上に及ぶことが判明しました[15]

半減期後のビットコイン需給の動き

上記の半減期の歴史と、BTCの価格チャートを調べると、半減期が発生すると常にBTCの需要が急増し、BTCの価格が高騰すると結論付けたくなります。

その後、急激な利益を期待してマニアックな買い物をした投機家たちが忍耐を失い、保有株を売り始めると、価格は下降トレンドに入る傾向にあります。これは次の半減期が訪れ、価格が再び上昇し始めるまで続きます。

表面的にはもっともらしい見解のようにに聞こえますが、現実にはビットコインは時価総額が比較的小さいため、ボラティリティの高い資産クラスです。

本稿執筆時点で、BTC全体の時価総額はわずか1兆2千1百億米ドルです。これに対し、米国の株式市場の時価総額は、2023年第2四半期時点で約46兆2千億米ドルです[16,17]

そのためBTCの価格は、半減期だけでなく、トレンドや動向に影響を受けやすいのです。

経済的・生態学的な意味合い

ビットコイン半減と持続可能性

半減によってマイニング報酬が減少するため、ビットコインのマイナーはネットワークからトークンを獲得するために厳しい競争を強いられることになります。ビットコインマイニングは、マイナーの計算能力が高まるにつれて環境への負荷が大きくなると推測するのは、理にかなっているかもしれません。

しかし、この想定は正しくありません。マイナーはBTCのマイニングコストによって制限されており、採算性を維持するためにはビットコインの価格よりもコストを低く抑えなければならないからです。

それができないマイナーは競争から脱落することになり、ビットコインマイニングの複雑さが電力消費量を大幅に増加させるのを防ぐことができます。

実際、ビットコインマイニング業界では、小規模なプレイヤーが大規模な事業体に吸収され、規模の経済が生まれる統合の時期があることが観察されています。

また、BTC の価格変動が激しいため、マイ ナーは電力コストを下げる方法を模索するようにな り、持続可能な慣行を採用しているマイニング企業は、 ビットコイン半減の悪影響に対してより耐性があるという証拠もあ ります[18]

ビットコインマイニングと環境問題

ビットコインのマイニングが環境破壊的であるとして誹謗中傷されたのは、それほど昔のことではありません。批評家たちは、「架空のお金」と見なすもののために大量の電力を浪費していると訴えました。

しかし、対極的に見ると、ビットコインのマイニングは世界のエネルギー使用量の0.078%を占めるに過ぎません[19]。さらに、マイニング業界は全体的に、より多くの再生可能エネルギーを使用するように進化しており、2024年1月には、使用される総電力の54%以上が再生可能エネルギー源から供給されました[20]

さらに、ビットコインマイナーは、孤立した場所にあるために発電されながらも未使用のままになっているエネルギーの問題解決にも貢献しています。

その一例が、遠隔地での天然ガスの採掘です。天然ガスは貯蔵や輸送ができないため、燃やしたり大気中に放出したりします。どちらも気候変動の原因となります。

しかし、このような場所で暗号マイニング事業を立ち上げることで、ビットコインマイナーは余剰エネルギーを利用し、環境浪費を削減することができます。研究によると、天然ガスを利用してタービン発電機を稼働させると、大気中で燃焼させる場合に比べて排出量が63%削減できることが分かっています[21]

ビットコイン半減期への備え

マイナー、投資家、一般の人々が知っておくべきこと

ビットコインのマイナーは、半減期後にマイニングコストが上昇し、利益率が低下する可能性があることに備えなければなりません。収益性の問題に直面している個人のマイナーは、規模の経済を利用するためにマイニングプールへの参加を検討することをお勧めします。一方、大規模なマイニング事業者は、来たる半減期を乗り切るために、エネルギーコストを下げ、持続可能なエネルギーの使用を増やす方法を見つける必要があります。

一方、投資家は、ビットコインが非常にボラティリティの高い資産であり、かなりのレベルの投機が行われていることを念頭に置く必要があります。従って、ニュースや動向を常に把握し、たとえ市場が熱狂しても冷静さを保つことが重要です。合理的な期待を持ち、リスク管理を怠らないことと、長期的な視野を持ち、誘惑に負けないようにすることが大切です。

一般の人々は、半減期が近づくと、目を引く見出しを目にするかもしれません。流行に飛びつきたくなったら、ニュースで報じられる頃には、手遅れの可能性が高いのです。ビットコインについて調べ、理解するのに時間を費やした方が、後々、より多くの情報に基づいた判断ができるようになるでしょう。

半減期前と半減期後の市場をナビゲートする戦略

半減期前

  • ビットコインに影響を与える可能性のある最新のニュースや動向を読む。
  •  潜在的な結果について市場アナリストの見解を知る。強気派と弱気派が何を考え、何を期待しているかを知る。
  • 取引を計画し、それに応じて予算を準備する。より良いコントロールを維持するために、事前にリミットを設定する。
  • 暗号通貨のポートフォリオを分散し、他の有望なトークンを含める。ビットコインの半減期は、他のトークンも上昇することが多い。

半減期後

  • 市場のボラティリティを長引かせる可能性のあるイベントや出来事を引き続き注視する。
  • 感情をコントロールし、無計画な取引を避ける。
  • 利食いと損切りの水準を確認し、それに従う。

結論:ビットコイン半減と通常通りの運用

結論として、ビットコインは投機的でボラティリティが高く、投資リスクも高い通貨です。また、現実世界でのユースケースがないため、暗号通貨の公正な価値を評価することも困難です。

そのため、ビットコインの半減はメディアや投資家から高い注目を集めていますが、過剰反応しないことが重要です。

ビットコインの半減期は定期的に起こるイベントです。過去3回の半減期は価格が上昇しましたが、その後の半減期はそれほど目覚ましい結果が出ない可能性も念頭に置いてください。

投資家は期待を抑え、許容範囲以上のリスクを負わないように注意する必要があります。

参照

  1. “Bitcoin Anticipated to Hit $70,000 Following 2024 Halving Event – Yahoo! Finance” https://finance.yahoo.com/news/bitcoin-anticipated-hit-70-000-170000517.html Accessed 4 March 2024
  2. “What Is Bitcoin? How to Mine, Buy, and Use It – Investopedia” https://www.investopedia.com/terms/b/bitcoin.asp Accessed 4 March 2024
  3. “Bitcoin’s Price History – Investopedia” https://www.investopedia.com/articles/forex/121815/bitcoins-price-history.asp Accessed 4 March 2024
  4. “What is Cryptocurrency and how does it work? – Kaspersky” https://www.kaspersky.com/resource-center/definitions/what-is-cryptocurrency Accessed 4 March 2024
  5. “Blockchain Facts: What Is It, How It Works, and How It Can Be Used – Investopedia” https://www.investopedia.com/terms/b/blockchain.asp Accessed 4 March 2024
  6. “What Is Decentralized Finance (DeFi) and How Does It Work? – Investopedia” https://www.investopedia.com/decentralized-finance-defi-5113835 Accessed 4 March 2024
  7. “What Is Bitcoin? How to Mine, Buy, and Use It – Investopedia” https://www.investopedia.com/terms/b/bitcoin.asp Accessed 4 March 2024
  8. “How Does Bitcoin Mining Work? – The Motley Fool” https://www.fool.com/investing/stock-market/market-sectors/financials/cryptocurrency-stocks/bitcoin-mining/ Accessed 4 March 2024
  9. “What is a Blockchain node, and what is it for? – Scaling Parrots” https://www.scalingparrots.com/en/what-is-a-blockchain-node-what-is-it-for Accessed 4 March 2024
  10. “What Is Bitcoin Mining? – Investopedia” https://www.investopedia.com/terms/b/bitcoin-mining.asp Accessed 4 March 2024
  11. “What Is Bitcoin Halving? Definition, How It Works, Why It Matters – Investopedia” https://www.investopedia.com/bitcoin-halving-4843769 Accessed 4 March 2024
  12. “The 2024 Bitcoin Halving: Analyzing Past Trends to Predict the Next Big Crypto Surge – Bitpay” https://bitpay.com/blog/analyzing-past-btc-halvings/ Accessed 4 March 2024
  13. “Is Bitcoin due for a major correction? JPMorgan predicts drop to $42,000 after April halving – Yahoo! Finance” https://finance.yahoo.com/news/bitcoin-due-major-correction-jpmorgan-211918342.html Accessed 4 March 2024
  14. “ARK’s Cathie Wood is betting on Bitcoin, saying the ‘digital gold’ is more inflation and deflation-proof than traditional assets – Yahoo! Finance” https://finance.yahoo.com/news/ark-cathie-wood-betting-bitcoin-124115388.html Accessed 4 March 2024
  15. “Household Electricity Costs to Mine 1 Bitcoin at Home, Around the World – Coin Gekco” https://www.coingecko.com/research/publications/bitcoin-mining-cost Accessed 4 March 2024
  16. “Bitcoin Price – CoinMarketCap” https://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin/ Accessed 4 March 2024
  17. “The $109 Trillion Global Stock Market in One Chart – Visual Capitalist” https://www.visualcapitalist.com/the-109-trillion-global-stock-market-in-one-chart/ Accessed 4 March 2024
  18. “Sustainable Miners to Suffer Less From Bitcoin Halving – PaySpace Magazine” https://payspacemagazine.com/news/sustainable-miners-to-suffer-less-from-bitcoin-halving/ Accessed 4 March 2024
  19. “Everything You Need To Know About Bitcoin And The Environment – Forbes” https://www.forbes.com/sites/digital-assets/2023/07/07/everything-you-need-to-know-about-bitcoin-and-the-environment/?sh=1b50d84846fc Accessed 4 March 2024
  20. “Bitcoin mining’s green mile: 54.5% sustainable energy use – Yahoo! Finance” https://finance.yahoo.com/news/bitcoin-mining-green-mile-54-181636923.html Accessed 4 March 2024
  21. “CoinShares Research Report: The impact of halving on computing power and miners’ cost structure – Coinlive” https://www.coinlive.com/news/coinshares-research-report-the-impact-of-halving-on-computing-power Accessed 4 March 2024