loading
もっと見る
検索
  • 全て
    取引
    取引プラットフォーム
    分析
    キャンペーン
    Vantage Tradingについて
  • Search
キーワード
  • facebook
  • instagram
  • twitter
ビットコインとは?

目次

ビットコインとは?

ビットコインとは?

Vantage 更新済み 2024年7月5日 10:47:44 GMT+9

ビットコインはここ数年、金融市場を席巻してきました。過去10年間で資産は年平均成長率(CAGR)63.3%に上りました[1]。この実績は、ビットコインとは何か、わずか10年でここまで成長したのかという疑問を提起しています。

要点

  • ビットコインは、2009年に謎の人物サトシ・ナカモト氏によって発表されました。ブロックチェーン技術により仲介者を介さないP2P(ピアツーピア)の取引を可能にし、決済や投資などさまざまな用途のデジタル通貨として確立しました。
  • ビットコインの取引はデジタル署名によって保護され、ブロックチェーンネットワーク上のマイナーによる検証プロセスを経て、すべての取引が公開され普遍的に記録されます。
  • ビットコインのマイニングプロセスは取引の検証に不可欠で、マイナーには新しいビットコインで報酬を与える一方、2,100万コインという限られた総供給量を維持し、金のような貴金属に似た希少性の原則を反響させています。

はじめに

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトという謎の創設者によって立ち上げられました。通貨のコンセプトはシンプルで、銀行のような仲介者を通さずに、P2Pの取引を可能にすることでした。ブロックチェーン技術に基づくインターネット・マネーと言えば分かりやすいでしょう。これは本質的に、中央集権的な権威を必要とせずにユーザー間で価値の共有を可能にするデジタルネットワークです。

長年にわたり、ビットコインは複数のユースケースを開発してきました。主に価値貯蔵として使用されていますが、ブランドの採用や統合により、決済手段としても使用される機会が生まれています。そのため、以下のような方法で使用されています。

  • P2P決済
  • マイクロペイメント
  • 価値貯蔵
  • クロスボーダー決済
  • ギャンブル
  • 投資など

ビットコインの仕組み

ビットコインの仕組みを理解するために、まずは従来の取引について理解しましょう。

AさんがBさんに10ドルを送金するとします。取引が開始され、銀行はAさんに要求された取引に見合う残高があるかどうかを検証します。元帳が更新され、Bさんがお金を受け取ります。この場合、あなたのお金は銀行などの仲介業者や、PayPalのような支払い処理業者の手に完全に委ねられます。

一方、ビットコインは、最も分散化された方法で取引を完了させる役割を担うP2Pネットワークによって運営されています。分散型台帳はビットコインのネットワークによって更新されます。この破壊的な台帳はブロックチェーンと呼ばれ、ビットコインの三本柱に不可欠なものと考えられています。

ビットコインの分散型決済システムは、3つの重要な構成要素が融合されています。

  • 盤技術のブロックチェーン
  • トランザクション
  • マイニング

ブロックチェーン

暗号通貨の世界は非常に専門用語が多く、初心者にとっては一苦労です。デジタル通貨のコンセプトをすべて理解する必要はありませんが、ブロックチェーンはその中核にあります。

簡単に言えば、ブロックチェーンは取引を記録する公開台帳なのです。台帳やデータベースを誰でも見ることができ、公正で不変であることが特徴です。Googleシートを想像してください。誰でも閲覧可能ですが、一部の人だけがネットワークによって検証されたデータを入力できる編集アクセス権を持っています。

このデータベースの構造は、その名のとおり、ブロックのチェーンの形をしています。各ブロックには取引情報が保存され、それが時系列で前のブロックとリンクしています。 

このブロックチェーンが分散型で安全なビットコインの基盤となっています。

取引

ビットコインの取引は、送信者と受信者の間のビットコインの動きを追跡する情報転送の形式となっています。セキュリティー、正当性、透明性のレベルを確保するため、各取引は以下のステップを踏んでいます。

  • 開始 – ウォレットから誰かにビットコインを送信するとトランザクションが開始されます。送信者と受信者のアドレス、送信する金額、取引手数料が必要です。
  • デジタル署名 – 資金のセキュリティを確保するには、開始するすべてのトランザクションに署名する必要があります。各トランザクションは、秘密鍵を使用して署名されます。
  • ブロードキャスト – トランザクションが署名されると、トランザクションのプールに送信されます。ここでマイナー(後述)がトランザクションをピックアップし、検証します。検証された取引はブロックに追加され、ネットワークに送信されます。
  • 承認 – ブロックがブロードキャストされた後もトランザクション完了のプロセスは止まりません。セキュリティと有効性を確保するため、ブロックは過半数のネットワークによって検証されます。完了するとネットワーク内のノードがチェーン上にこの情報をコピーし、トランザクションは最終的なものとみなされます。

ビットコインの取引完了時間は平均10分です。これはブロックサイズとネットワーク活動の制限によるものです。ビットコインが巨大な決済になる可能性を制限するため、新規参入者にとっては懸念事項になります。しかし、この時間を最短に抑えるための新しいテクノロジーの開発が進められています。

マイニング

トランザクションの項目では触れていないマイニングについて見てみましょう。

私たちがビットコインやデジタル通貨について語るとき、それがトランザクションを検証し、確認するノードのネットワークによって維持されているという事実を誇りにしています。しかし、なぜノードはネットワークを支援するために計算能力を費やすのでしょうか?答えはインセンティブにあります。

マイナーは新しいビットコインを鋳造しながら、ブロックにトランザクションを追加します。裏側では、ノードはその計算能力を使ってトランザクションに関連するハッシュを解決しています。コンピュータが複雑な暗号パズルを解いて、トランザクションが実際に有効であることを確認します。この努力に対して、マイナーは新しく鋳造されたビットコインで報酬を受け取ります。以前は、ビットコインのマイニングはパソコンを使って行うことができましたが、現在は不可能です。現在はネットワーク内の競争が激しくなるとマイニングの難易度が上がるようにアルゴリズムが設計されているためです。

2023年12月18日の時点で、ビットコインの総限度2,100万枚のうち、19,573,975枚がマイニングされ、採掘可能なビットコインは1,426,025枚残っています[2]。この供給量は、マイニングプロセスにより流通します。金と同様に、流通量はマイニングプロセスを通じて増加します。しかし貴金属の場合は、マイニングによって全体の供給量が増加するのに対し、ビットコインの総供給量は一定のままです。

ビットコインはいつ始まったか?

2008年10月に、サトシ・ナカモト氏が metzdowd.comの暗号化メーリングリストにビットコインを発表しました。彼の声明には次のようにあります。

「私は、信頼できる第三者を必要としない、完全にP2Pの新しい電子通貨システムに取り組んできました」

「サトシ・ナカモト」は、ビットコインの作成に責任を持つ個人またはグループが使用するペンネームです。今日に至るまで、この名前の背後にいる人の正体は謎のままです。

ジェネシスブロック [3]

ビットコインの最初のブロックは2009年1月3日にマイニングされました。このブロックは、「ブロック0」または「ジェネシスブロック」と呼ばれていました。このブロックには、取引データに暗号化されたタイムズ紙の見出しが含まれていました。 

「2009年1月3日号のタイムズ紙、財務大臣が銀行への2回目の救済を検討」

これは、このブロックが1月3日にマイニングされたことを証明するためのものですが、サトシが欠陥だらけの銀行システムと救済文化についてもコメントするつもりだったと考えられています。 無責任な融資慣行は新しい金融システムを必要としました。それがビットコインによってもたらされ、ホワイトペーパーで説明されました。

ホワイトペーパー[4]

革命的な通貨のホワイトペーパーは、2008年10月31日に信頼のない金融システムの提案としてmetzdowdのメーリングリストで公開されました。このホワイトペーパーでは、従来の銀行システムが極めて集中化されており、本質的な欠陥があることを強調しています。仲介コストが高額で、正常に業務を遂行するためには信頼できる第三者が必要です。

一方ビットコインは、コードとアルゴリズムでこれらの問題に対処しています。エスクローシステムは透明性があり信頼性が高く、詐欺や二重支払いなどの問題にすでに対応しています。

ホワイトペーパーでは、新しく導入された金融システムのアーキテクチャーと、セキュリティと不変性において暗号技術が果たす重要な役割についても説明しようとしました。その結果、ブロックチェーン技術を使用して取引の履歴を記録し、取引と送金をアルゴリズムで管理するP2Pシステムが誕生しました。

ヴァンテージでビットコインを取引しましょう

ビットコインは、10年以上にわたって機関投資家や個人投資家を受け入れてきた成長資産です。この資産の時価総額は1兆ドルを超えていますが、規制の変更とマクロ経済的要因によって、ビットコインの価格は長年にわたり上昇傾向にあり、乱高下しています。この資産の過去10年間の平均CAGR(年平均成長率)は63.27%で[5]、S&P 500などの市場ベンチマークよりもかなり高くなっています。

この市場で取引する方法は複数あります。取引戦略はリスク許容度によって決まります。CFDは、証拠金を使ってロングとショートを取引することができるため、取引機会は倍増しますが、証拠金に比例してリスクも増加します。

ヴァンテージでは、シンプルなプロセスでレバレッジを利用したCFD取引が可能です。CFD(差金決済取引)により、トレーダーは原資産を所有することなく、金融商品の値動きに投機することができます。プラットフォームはビットコインを法定通貨に対して評価しますが、BTCを金や他の暗号通貨などの他の商品に対して取引することができます。

以下の手順で ヴァンテージを始めましょう。

1. お好きなブラウザで、https://protrader.vantagemarkets.com/ にログインします。

または、口座を開設して取引を開始することもできます。

2. 取引口座を開設したら、画面の右側に移動し、利用できる資産を確認します。ドロップダウンメニューを使って暗号通貨に移動します。

3. チャート上で右クリックすると、以下のメニューが表示されます。

4. 取引メニューで、成行、指値、逆指値など、さまざまな注文タイプを使用して取引できます。

取引パネルでは、取引戦略と分析に基づいて利食いと損切りのリミットを追加することができます。また、インジケーターのプリセットを使用して、資産の長期的なパフォーマンスを確認し、今後の取引について判断することもできます。

暗号通貨は値動きの荒い市場です。取引を最大限に活用するために、適切なストップロスを追加し、低マージンで取引を開始することでリスクを回避するようにしてください。

参照

  1. Historical performance of the Bitcoin index – Backtest by Curvo” https://curvo.eu/backtest/en/market-index/bitcoin?currency=usd Accessed 9 May 2024
  2. “What Happens to Bitcoin After All 21 Million Are Mined? – Investopedia” https://www.investopedia.com/tech/what-happens-bitcoin-after-21-million-mined/ Accessed 9 May 2024
  3. “Genesis Block: Bitcoin Definition, Mysteries, and Secret Message – Investopedia” https://www.investopedia.com/terms/g/genesis-block.asp Accessed 9 May 2024
  4. “Bitcoin Whitepaper: Explained – The Motley Fool” https://www.fool.com/terms/b/bitcoin-whitepaper/ Accessed 9 May 2024
  5. “Bitcoin (^BTC): Historical Returns – Lazy Portfolio ETF” https://www.lazyportfolioetf.com/etf/bitcoin/ Accessed 9 May 2024