ThreeTraderの評判・口コミ|体験談からわかるメリット・デメリットを解説!

ThreeTraderの評判・口コミ|体験談からわかるメリット・デメリットを解説!

ThreeTrader(スリートレーダー)とは、バヌアツ金融サービス委員会から正式に許認可を受けているFXブローカーです。2020年に日本上陸をはたしたばかりですが、直近では急激にユーザー数を伸ばしている海外FX業者です。

ただし、日本の金融庁の発行するライセンスは保有していないため、ThreeTraderが信頼できる安全性の高いFX業者なのか不安に感じる方も多いです。

この記事では、ThreeTraderの評判や口コミ・実際に取引してみてわかったメリット・デメリットをふまえた上で、ThreeTraderが安心・安全にトレードできるFX業者なのか徹底解説します!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

目次

【評価】ThreeTraderは業界最狭のスプレッドが特徴

ThreeTrader(スリートレーダー)の公式ホームページ画像
評価項目実際の評価
安全性・信頼性 4.5
バヌアツ金融ライセンスと世界最大手のFX業者からバックアップを受けている
レバレッジ 4.0
最大500倍
スプレッド 5.0
Rawゼロ口座のスプレッドが最狭
スワップポイント 3.0
マイナススワップあり
約定力 4.5
指標発表時などを除き問題なし
取引商品数 4.5
合計90銘柄以上
取引プラットフォーム 4.0
MT4のみ対応
入金・出金 5.0
スピーディーで安全な入出金
ボーナスキャンペーン 3.0
不定期のキャンペーンあり
日本語サポートデスク 5.0
日本語ライブサポートあり
初心者へのおすすめ度 3.0
中・上級者へのおすすめ度 5.0
総合評価 4.5
公式ホームページホームページを開く
ThreeTraderの評価・レビュー

結論、ThreeTrader(スリートレーダー)は海外FX業者のなかで最も狭いスプレッドと取引手数料を提供している海外FX業者です。

特に中級者以上のスキャルピングトレーダーであれば、他社ではなくThreeTraderのRawゼロ口座を使わないのは手数料でかなり損しています。

ThreeTraderは世界トップクラスの規模を誇るFX業者「TMGM」のサポートも受けているため、安全性・信頼性の高さも申し分ありません。

海外FXおすすめ比較ランキングでは第6位を獲得している、現在急速にユーザー数を伸ばしている海外FX業者ですよ!

ThreeTrader(スリートレーダー)の安全性と信頼性【2024年最新版】

ThreeTrader(スリートレーダー)の安全性と信頼性【2023年最新版】

ThreeTrader(スリートレーダー)の安全性や信頼性について、上記の6点を根拠に解説します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

ThreeTraderの会社情報

会社情報詳細
運営会社ThreeTrader Global Limited
設立年2021年5月
本社バヌアツ共和国
登録住所1276, Govant Building, Kumul Highway,
Port Vila, Republic of Vanuatu
登録番号VFSC 40430
金融ライセンスバヌアツ金融サービス委員会
サポート体制日本語対応
電話番号+612 8039 8119
メールアドレス[email protected]
公式ホームページhttps://www.threetrader.com/jp/
ThreeTraderの会社情報

ThreeTraderの会社情報は上の表のとおりです。

ThreeTraderはバヌアツ共和国に本社を置く海外FX業者であり、「ThreeTrader Global Limited」社がサービスを運営しています。

2021年に設立されたばかりのブローカーで、日本マーケットでの運営実績もまた2年ほどという新しいFX業者です。

オフィスはシドニーにある【確認済】

ThreeTrader(スリートレーダー)のシドニー事務所の画像

Vantage Media編集部は実際にオーストラリアのシドニーを訪問し、ThreeTraderのオフィスがあることを確認しています。

ThreeTraderの本社はバヌアツですが、オーストラリアのシドニーにも事務所を構えています。

Threetraderのオフィスは「International Towers」という、世界の大手企業が数多く入居している高層ビルに入っています。

このオフィスで、実際に日本人スタッフの方が働いていることも確認しています。

ThreeTraderはペーパーカンパニーなどではなく、実態のある会社がサービスを運営していますよ!

TMGMによるサポートを受けている

ThreeTraderは、同じオーストラリアに拠点を置く世界最大手のTMGMというFX業者から運営のサポートを受けています。

TMGMは2013年に設立されたFX業者で、世界トップクラスの取引量を誇るブローカーです。なお、TMGMを利用できるのは海外居住者のみとなっています。

ThreeTraderのシドニーオフィスの画像
ThreeTraderが入るオフィスビルの受付

ThreeTraderのオフィスが入るビルの受付を見ると、ThreeTraderの文字はありません。ThreeTraderのオフィスは、TMGMのオフィスを間借りする形で入っているからです。

ThreeTraderに万が一のことがあった場合でも、バックにTMGMという巨大なFXブローカーがついています。

そのため、会社としての安全性は非常に高いと言えますよ!

ThreeTraderが保有する金融ライセンス

会社情報詳細
金融ライセンスバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
登録番号40430
ThreeTraderの金融ライセンス

ThreeTraderは、バヌアツ金融サービス委員会のライセンスを取得している海外FX業者です。

バヌアツの金融ライセンスはもともと取得するのがとても簡単でしたが、2019年から審査がとても厳しくなりました。

現在では経営陣が半年以上バヌアツに滞在しなければならなかったり、VFSCが認めた監査法人しか監査に入れなくなっています。

ThreeTraderが保有している金融ライセンスは、決してどんな会社でも取得できるような信頼性の低いものではありませんよ!

日本の金融庁のライセンスは保有していない

ThreeTraderではバヌアツ金融ライセンスを保有していますが、日本の金融庁のライセンスは保有していません。

ThreeTraderが日本の金融庁のライセンスを取得しないのは、仮に取得してしまうと「最大レバレッジは25倍」や「ゼロカットシステムは採用してはいけない」といった日本の規制に合わせる必要がでてきてしまうからです。

海外FX独自の特徴やメリットを奪われないために、あえて日本の金融庁のライセンスは取得していません。

なお、日本の金融庁のライセンスを取得していないThreeTraderを使って取引することに違法性はありません。ThreeTraderで取引したからといって、逮捕されたり罰金刑を受けたりすることはありません。

海外FXが違法かどうかについては、弁護士の先生に監修いただいた海外FXの違法性でも解説しているので参考にしてみてください。

ThreeTraderは金融庁から警告を受けている

金融庁ホームページ「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」
スクロールできます
商号、名称又は氏名等所在地又は住所金融商品取引業の内容等備考
ThreeTrader Global Limited1276, Govant Building, Kumul
Highway, Port Vila, Republic
of Vanuatu
インターネットを通じて、店頭デリバ
ティブ取引の勧誘を行っていたもの
当該業者が提供するサービスの名
称は「ThreeTrader」である。
金融庁ホームページより引用

ThreeTraderは、金融庁のホームページ「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」で警告を受けています。

ただし、金融庁から警告を受けているからといって、ThreeTraderを利用することは法律的にも何ら問題はありません。

ThreeTraderはハイレバレッジやゼロカットなどのサービスを提供するため、あえて日本のライセンスを取っていないのが現状です。

顧客資産は分別管理あり・信託保全なし

ThreeTraderは顧客資産を分別管理していますが、信託保全は採用していません。

項目内容
分別管理FX業者が自社の運転資産と顧客の資産を別々に管理していること。FX業者の倒産や資金のトラブルがあった際に、FX業者は顧客に返金の義務がない。
信託保全資金の管理を外部の第三者機関に依頼して管理すること。分別管理同様、自社の運転資金と顧客の資産を別々に管理している。FX業者の倒産や資金のトラブルがあった際に、顧客に返金が保証されている。
海外FX業者の分別管理・信託保全

分別管理とは、FX業者が会社の運転資金とトレーダーの資産を自分の取引銀行の別々の口座で管理することであり、万が一FX業者が倒産しても返金の義務はありません。

信託保全とは、FX業者が第三者である外部の信託銀行を利用して顧客の資産を管理することです。

分別管理されているため、顧客資金が運営資金に回されることはありません。ただし、万が一ThreeTraderが倒産した場合に資金が返ってくる可能性は低いと理解しておきましょう。

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderの取引条件

ThreeTraderの取引条件

ThreeTrader(スリートレーダー)の取引条件を紹介します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

取引時間

時期取引時間
夏時間月曜日6:01~土曜日5:55
冬時間月曜日7:01~土曜日6:55
ThreeTraderの取引時間

ThreeTraderの取引時間は上の表のとおりです。平日は取引可能ですが、土曜日の早朝から月曜日の早朝までは取引できない時間帯になっています。

なお、取引商品によっても取引時間が異なる場合があります。

商品ごとの取引時間をまとめたのが下の表です。

スクロールできます
商品(銘柄)夏時間冬時間
US307:00~5:15
5:30~6:00
8:00~6:15
6:30~7:00
US5007:00~5:15
5:30~6:00
8:00~6:15
6:30~7:00
XAUUSD月曜7:05~土曜5:55月曜8:05~土曜6:55
XAGUSD月曜7:05~土曜5:55月曜8:05~土曜6:55
XTI月曜9:05~土曜5:55月曜10:05~土曜6:55
XBRUSD月曜9:05~土曜5:55月曜10:05~土曜6:55
仮想通貨CFD月曜日 朝6:05~土曜日 朝5:55月曜日 朝7:05~土曜日 朝6:55
ThreeTraderの取引商品ごとの取引時間

また、クリスマスや年末年始などは休場になることがあるため注意が必要です。

口座タイプ

スクロールできます
口座タイプRawゼロ口座Pureスプレッド口座
基本通貨JPY・USDJPY・USD
取扱銘柄為替・貴金属・原油・インデックス・仮想通貨為替・貴金属・原油・インデックス・仮想通貨
1ロット10万通貨10万通貨
レバレッジ最大500倍最大500倍
スプレッド0pips~0.5 pips~
取引手数料往復4ドル/ロット無料
最低入金額1,000ドルもしくは100,000円100ドルもしくは10,000円
最大ロット80ロット80ロット
最小ロット0.01ロット0.01ロット
ロスカット水準20%20%
取引ツールMT4MT4
公式サイト口座開設する口座開設する
ThreeTraderの口座タイプ比較表

ThreeTraderの口座タイプは「Rawゼロ口座」と「Pureスプレッド口座」の2種類です。

Rawゼロ口座は、海外FX業者のなかで最も狭いスプレッドで取引できる口座タイプですが、最低入金額が10万円以上と高めに設定されています。

Pureスプレッド口座のスプレッドはRawゼロ口座ほどではありませんが、取引手数料無料・1万円から始められる手軽さが特徴の口座タイプです。

なお、各口座タイプの詳しい情報についてはThreeTraderの口座タイプ比較で解説しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ThreeTraderの口座タイプ比較|2種類の特徴と違い・おすすめを解説! ThreeTrader(スリートレーダー)の口座タイプは、Rawゼロ口座とPureスプレッド口座の全2種類です。 どちらも海外FXのなかでトップクラスにスプレッドが狭いですが、う...

レバレッジ

ThreeTraderの最大レバレッジは500倍です。口座タイプでレバレッジが変わることもありません。

ただし、取引商品によっては以下のように最大レバレッジに制限がかかります。

取引銘柄最大レバレッジ
株価指数CFD100倍
原油100倍
為替エキゾチックペア50倍
仮想通貨CFD20倍
ThreeTraderの銘柄別最大レバレッジ

なお、ThreeTraderには口座残高によるレバレッジ規制がありません。そのため、取引商品以外でレバレッジが制限されることはないというメリットがあります。

もしThreeTraderのレバレッジについて詳しく知りたいという場合は、ThreeTraderのレバレッジルールをご覧ください。

あわせて読みたい
ThreeTraderのレバレッジ|最大500倍の特徴と制限ルールまとめ!|スリートレーダー ThreeTrader(スリートレーダー)は、最大500倍のレバレッジで取引できる海外FX業者です。 狭いスプレッドでハイレバのスキャルピングが可能ですが、場合によっては最大...

ロスカット水準

マージンコール証拠金維持率80%以下
強制ロスカット証拠金維持率20%以下

ThreeTraderでは、証拠金維持率が80%を下回ると「マージンコール」と呼ばれる通知が登録したメールアドレスに届きます。

さらに証拠金維持率が20%を下回ると、含み損の金額が大きいポジションから順に決済される「強制ロスカット」が執行されます。

強制決済を避けるためには、なるべく含み損が大きくなる前に損切りするようにしましょう。

ボーナスキャンペーン

ThreeTraderは、基本的にボーナスキャンペーンを開催しない海外FX業者です。なぜなら、ThreeTraderはスプレッドなどの取引条件の改善に資金を振り向けているからです。

ただし、最近では月の中旬~下旬にかけて10ドル(約1,400円分)の口座開設ボーナスがもらえるキャンペーンを不定期で開催しています。

ThreeTraderのキャンペーンが開催中かどうかは、ThreeTraderのボーナスキャンペーン特集で確認してみてくださいね!

あわせて読みたい
ThreeTraderの口座開設ボーナス・入金ボーナスキャンペーン特集!|スリートレーダー ThreeTraderは口座開設ボーナスを提供していますか? ThreeTraderは6月30日までの期間限定で、新規口座開設と本人確認を完了すると10ドルの口座開設ボーナスがもらえる...

スプレッド一覧

ThreeTraderは、海外FX業者のなかでもっとも狭いスプレッドでトレードできます。

実際に主要な通貨ペアの平均スプレッドを、他社と比較できるようにまとめたのが下の表です。

スクロールできます
海外FX業者ドル円ユーロ円ユーロドル
ThreeTrader0.5 pips0.8 pips0.5 pips
XMTrading0.7 pips1.2 pips0.7 pips
Vantage0.6 pips1.1 pips0.6 pips
FXGT0.9 pips1.5 pips0.6 pips
AXIORY0.9 pips0.9 pips1.0 pips
TitanFX1.0 pips1.4 pips0.9 pips
BigBoss1.0 pips1.4 pips1.3 pips
Exness0.7 pips1.2 pips0.6 pips
ThreeTrader0.5 pips0.8 pips0.5 pips
Axi1.0 pips1.4 pips0.9 pips
IC Markets0.8 pips1.4 pips0.6 pips
MiltonMarkets0.9 pips1.1 pips0.9 pips
MYFXMarkets1.1 pips1.3 pips0.9 pips
IS6FX0.8 pips1.1 pips0.7 pips
HFM0.8 pips1.4 pips0.7 pips
TradeView0.7 pips1.0 pips0.7 pips
easyMarkets0.7 pips1.8 pips1.0 pips
海外FXのECN口座の平均スプレッド比較

上の表を見ればわかるように、ThreeTraderのスプレッドは他社比較で断トツに狭いことがわかります。

特にスキャルピングがメインのトレーダーであれば、ThreeTraderを使わない理由はどこにもありませんよ!

取引・入出金の手数料一覧

手数料の種類手数料
入金手数料無料
出金手数料無料
取引手数料Rawゼロ口座のみ1ロットあたり往復4ドル(もしくは400円)
ThreeTraderの取引・入出金手数料一覧

ThreeTraderでは、入金・出金に手数料はかかりません。

また、Pureスプレッド口座は取引手数料が無料ですが、Rawゼロ口座は1ロットの取引あたり4ドル(円建て口座は400円)の取引手数料がかかります。

なお、取引手数料を含めても実質の取引コストはRawゼロ口座のほうが安いため、スキャルピングなどにはRawゼロ口座が向いています。

取引ツール

ThreeTraderで利用できる取引ツールは、MT4(MetaTrader 4)のみとなっています。

なお、ThreeTraderはMT5(MetaTrader 5)の導入も計画しており、2024年中にはMT5も使えるようになる予定ですよ!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderをおすすめできないトレーダー

ThreeTraderをおすすめできないトレーダー

ThreeTrader(スリートレーダー)の利用をおすすめできないトレーダーを紹介します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

ボーナスだけで取引したいトレーダー

ThreeTraderは、ボーナスだけで取引したいトレーダーにはおすすめできません。

なぜなら、ThreeTraderは基本的に口座開設ボーナスを提供しておらず、入金不要でトレードを始めることはできないからです。

もしボーナスだけで取引したいという場合は、海外FXの口座開設ボーナス比較で紹介しているような海外F業者を使いましょう。

ThreeTraderは、不定期で10ドルの口座開設ボーナスがもらえるキャンペーンを開催することもあります。そのため、定期的な公式サイトの確認をおすすめします。

MT5で取引したいトレーダー

ThreeTraderは、MT5で取引したいトレーダーにはおすすめできません。

ThreeTraderは現状MT4(MetaTrader 4)にしか対応しておらず、普段からMT5でトレードしている方にとっては使いにくく感じるでしょう。

なお、ThreeTraderは2024年中のMT5導入を計画しています。

現時点ではMT4しか使えませんが、もう少しすればMT5も使えるようになる予定ですよ!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderをおすすめできるトレーダー

ThreeTraderをおすすめできるトレーダー

ThreeTrader(スリートレーダー)の利用をおすすめできるトレーダーについて解説します。

  • スキャルピングトレーダー
  • 大ロットで取引したいトレーダー
  • 取引しながらキャッシュバックを受け取りたいトレーダー

それぞれ順番に見ていきましょう!

スキャルピングトレーダー

ThreeTraderは、スキャルピングトレーダーに最もおすすめできる海外FX業者です。

なぜなら、ThreeTraderのスプレッドは海外FX業者のなかでも断トツで狭いからです。

ThreeTraderのスプレッドを他の海外FX業者と比較してみたのが下の表です。

スクロールできます
海外FX業者ドル円ユーロ円ユーロドル
ThreeTrader0.5 pips0.8 pips0.5 pips
XMTrading0.7 pips1.2 pips0.7 pips
Vantage0.6 pips1.1 pips0.6 pips
FXGT0.9 pips1.5 pips0.6 pips
AXIORY0.9 pips0.9 pips1.0 pips
TitanFX1.0 pips1.4 pips0.9 pips
BigBoss1.0 pips1.4 pips1.3 pips
Exness0.7 pips1.2 pips0.6 pips
ThreeTrader0.5 pips0.8 pips0.5 pips
Axi1.0 pips1.4 pips0.9 pips
IC Markets0.8 pips1.4 pips0.6 pips
MiltonMarkets0.9 pips1.1 pips0.9 pips
MYFXMarkets1.1 pips1.3 pips0.9 pips
IS6FX0.8 pips1.1 pips0.7 pips
HFM0.8 pips1.4 pips0.7 pips
TradeView0.7 pips1.0 pips0.7 pips
easyMarkets0.7 pips1.8 pips1.0 pips
海外FXのECN口座の平均スプレッド比較

表からわかる通り、ThreeTraderのスプレッドの狭さは他社と比べても圧倒的ですよね。

特にスキャルピングトレードにおいては、取引コストの安さが命です。

スプレッドで損しないためにも、スキャルピングがメインのトレーダーは必ずThreeTraderのRawゼロ口座を使うようにしましょう!

大ロットで取引したいトレーダー

ThreeTraderは、大ロットで取引したいトレーダーにおすすめです。

ThreeTraderの最大ロット数は、1口座につき80ロットまでです。もし80ロット以上でエントリーしたい場合は、追加口座の開設が必要となります。

しかし、1,000万円以上を入金できる方であれば、1エントリー時の最大ロット数が100ロットまで開放されます。

特に資金量が多い方にとっては、大ロットでエントリーできるおすすめの海外FX業者ですよ!

取引しながらキャッシュバックを受け取りたいトレーダー

ThreeTraderは、取引しながらキャッシュバックを受け取りたいトレーダーにおすすめです。

ThreeTraderはポイントシステムを導入しており、取引ごとに貯まるポイントをキャッシュバックに交換できます。

受け取れるキャッシュバック額と、交換に必要なポイント数は下の表のとおりです。

キャッシュバック額ポイント数
10ドル分のキャッシュバック170 ポイント
50ドル分のキャッシュバック825 ポイント
100ドル分のキャッシュバック1,600 ポイント
500ドル分のキャッシュバック7,750 ポイント
1,000ドル分のキャッシュバック15,000 ポイント
5,000ドル分のキャッシュバック72,500 ポイント
キャッシュバック額と必要なポイント数

また、ポイント以外にも商品と交換することができます。

商品ポイント数
Apple Watch Ultra 49mm36,000 ポイント
Apple Watch Series 8 45mm36,000 ポイント
iPhone 14 Pro MAX 1TB71,000 ポイント
iPhone 14 Pro MAX 512GB62,000 ポイント
iPhone 14 Pro 1TB67,000 ポイント
Google Pixel 6 Pro 5G 512GB36,000 ポイント
Galaxy S22 Ultra 5G 512GB48,000 ポイント
Galaxy Z Fold4 5G 512GB79,000 ポイント
Bose QuietComfort® Earbuds6,000 ポイント
AirPods Max12,500 ポイント
PlayStation 520,000 ポイント
Dyson 360 heurist20,000 ポイント
Beoplay A9 4th Gen64,000 ポイント
土鍋圧力IHジャー炊飯器<炊きたて> 5.5合 JPL-G100KL ミネラルブラック25,600 ポイント
Samsung G9 QLED Gaming Monitor with 1000R Curved Screen44,000 ポイント
商品例と必要なポイント数

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンから炊飯器などの家電まで、さまざまな商品と交換できます。

キャッシュバックはもちろん、商品も狙って楽しみながらトレードできるのはThreeTraderにしかないメリットですよ!

なお、ThreeTraderのポイントシステムについては、ThreeTraderのポイント制度で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderの悪い評判・口コミ

ThreeTraderの悪い評判・口コミ
ThreeTraderの悪い評判・口コミ
  • 悪い評判第1位:運営歴・実績が少ない
  • 悪い評判第2位:MT5が使えない
  • 悪い評判第3位:サーバーに不安がある

ThreeTrader(スリートレーダー)のネガティブな評判や口コミをランキング形式で3つ紹介します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

悪い評判第1位:運営歴・実績が少ない

ThreeTraderの利用者の声を調べたところ、運営歴や実績が少ない点を不安に感じている方が多いです。

ThreeTraderは2021年からサービスを開始した新しい海外FX業者であり、まだ2年ほどしか運営歴がありません。

ただThreeTraderの安全性でも解説しているように、オーストラリアにオフィスを構えており、さらにバックにはTMGMという巨大なFXブローカーがついています。

たしかに運営歴は浅いですが、会社としての安全性・信頼性はとても高いと言える海外FX業者ですよ!

悪い評判第2位:MT5が使えない

ThreeTraderの利用者の中には、MT5(MetaTrader 5)が使えない点をネガティブにとらえている方も多いです。

ThreeTraderで利用できるのはMT4(MetaTrader 4)のみで、MT5は利用できません。

なお、ThreeTraderは2024年中のMT5導入を予定しています。そのため、もう少し待てばMT5も使えるようになりますよ!

悪い評判第3位:サーバーに不安がある

ThreeTraderでは、稀にサーバートラブルが発生する点が不満に繋がっているようです。

ThreeTraderではこれまでに数回サーバートラブルが発生し、取引ができなくなることがありました。

ただ、ThreeTraderは現在もサーバー強化を積極的に行っています。今後はさらに改善していくことが期待できますよ!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderの良い評判・口コミ

ThreeTraderの良い評判・口コミ
ThreeTraderの良い評判・口コミ
  • 良い評判第1位:スプレッドが狭い
  • 良い評判第2位:サポートの対応がいい
  • 良い評判第3位:出金対応が早い

ThreeTrader(スリートレーダー)の良い評判や口コミをランキング形式で3つ紹介します。

それぞれジュウン版に見ていきましょう!

良い評判第1位:スプレッドが狭い

ThreeTraderでもっとも評判が良いのは「スプレッドの狭さ」です。

スプレッドの狭さはThreeTraderの最大の特徴であり、実際に使ってみると多くのトレーダーが「こんなに早く損益がプラスに転じるのか!」と驚きの反応をしています。

特にスキャルピングトレーダーであれば、ThreeTraderのRawゼロ口座を使わないのはかなり手数料で損することになりますよ!

良い評判第2位:サポートの対応がいい

ThreeTraderの日本語サポートの対応について、多くの口コミが見つかりました。

ThreeTraderは日本人スタッフによる日本語サポートデスクを設置しており、対応は丁寧でスピーディーです。

入金や出金・取引に関することまで、なにか分からないことがあれば気軽に公式サイトから問い合わせることができますよ!

良い評判第3位:出金対応が早い

ThreeTraderの利用者の中には、出金スピードが早い点に好印象を抱いている方も多いです。

ThreeTraderは出金手続きをすると24営業時間内に処理が行われ、早ければ数時間で反映されます。1,000万円を超えるような高額の出金も翌日には反映されているようです。

入出金にストレスを感じたくないという方には最適な海外FX業者ですよ!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderを実際に使ってみてわかったデメリット

ThreeTraderを実際に使ってみてわかったデメリット
ThreeTraderのデメリット
  • MT4でしか取引できない
  • サーバーが不安定なことがある
  • 日本での運営実績が少ない
  • スリッページが発生することがある

ThreeTrader(スリートレーダー)を実際に利用してみてわかったデメリットを4つ解説します。

それぞれ順番に見ていきましょう!

MT4でしか取引できない

ThreeTraderの1つ目のデメリットは「MT4でしか取引できない」ことです。

ThreeTraderはMT4(MetaTrader 4)にしか対応しておらず、MT5(MetaTrader 5)でトレードすることはできません。

普段からMT5でトレードしていて慣れている方にとっては、ThreeTraderは少し使いづらさを感じてしまうでしょう。

ThreeTraderは、2024年中にMT5を導入する予定です。

サーバーが不安定なことがある

ThreeTraderの2つ目のデメリットは「サーバーが不安定なことがある」です。

ThreeTraderでは実際に、2023年1月に大規模なサーバーダウンが起きたり、ユーザーの利用中にサーバーが重くなって操作ができなかったりする問題が発生しました。

サーバーが落ちれば、現在保有しているポジションを決済できなくなり、場合によっては大きな損失につながることもあるため注意が必要です。

ThreeTraderはサーバーが不安定である状況を問題視し、現在もサーバーの増強に向けて改善を続けています。

日本での運営実績が少ない

ThreeTraderの3つ目のデメリットは「日本での運営実績が少ない」ことです。

ThreeTraderは2021年に設立された海外FX業者であり、日本人向けにはまだ2年ほどしかサービスの提供実績がありません。

そのため、海外FX業者としての信頼性の低さやノウハウ不足については否めないところがあります。

一方、ThreeTraderのバックには世界的なFXブローカーである「TMGM」がついています。

実績も資金量も十分なブローカーがサポートしているため、今後さらなる進化を期待できる海外FX業者でもありますよ!

スリッページが発生することがある

ThreeTraderの4つ目のデメリットは「スリッページが発生することがある」です。

ThreeTraderでは、取引していると注文が滑る(スリッページ)ことがあります。特に指標発表時やロット数が大きい場合には、注文が狙ったところで約定しない可能性があります。

ただし、上記のThreeTraderの日本人担当者のツイートの通り、もしThreeTraderのサーバーの問題でスリッページが発生し損失が出た場合は、その損失を補てんしてもらえる可能性があります。

約定力については会社として改善を目指しているそうなので、今後よりよいトレード環境になっていくことを期待しましょう!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderを実際に使ってみてわかったメリット

ThreeTraderを実際に使ってみてわかったメリット
ThreeTraderのメリット
  • スプレッドが海外FX業者でもっとも狭い
  • 取引手数料が業界最安
  • 早朝・指標発表時のスプレッドも狭い
  • 口座残高によるレバレッジ制限がない
  • EA(自動売買システム)用の口座に向いている
  • 現金や商品がもらえるポイントプログラムがある
  • 出金対応が早い
  • 日本語サポートの対応が丁寧で早い

ThreeTrader(スリートレーダー)を実際に利用してみてわかったメリットを8つ解説します。

それぞ順番に見ていきましょう!

スプレッドが海外FX業者でもっとも狭い

ThreeTraderの1つ目のメリットは「スプレッドが海外FX業者でもっとも狭い」ことです。

ThreeTraderのスプレッドは、海外FX業者のなかでもっとも狭くなっています。

ThreeTraderのスプレッドを競合他社と比べたのが下の表です。

スクロールできます
海外FX業者ドル円ユーロ円ユーロドル
ThreeTrader0.5 pips0.8 pips0.5 pips
XMTrading0.7 pips1.2 pips0.7 pips
Vantage0.6 pips1.1 pips0.6 pips
FXGT0.9 pips1.5 pips0.6 pips
AXIORY0.9 pips0.9 pips1.0 pips
TitanFX1.0 pips1.4 pips0.9 pips
BigBoss1.0 pips1.4 pips1.3 pips
Exness0.7 pips1.2 pips0.6 pips
ThreeTrader0.5 pips0.8 pips0.5 pips
Axi1.0 pips1.4 pips0.9 pips
IC Markets0.8 pips1.4 pips0.6 pips
MiltonMarkets0.9 pips1.1 pips0.9 pips
MYFXMarkets1.1 pips1.3 pips0.9 pips
IS6FX0.8 pips1.1 pips0.7 pips
HFM0.8 pips1.4 pips0.7 pips
TradeView0.7 pips1.0 pips0.7 pips
easyMarkets0.7 pips1.8 pips1.0 pips
海外FXのECN口座の平均スプレッド比較

現状、日本人が安心して利用できる海外業者のなかではスプレッドが断トツ狭いです。

特にスキャルピングトレーダーであれば、取引コストをどこよりも抑えてトレードできる海外FX業者ですよ!

ThreeTraderには2つの口座タイプが用意されていますが、なかでもRawゼロ口座の方がスプレッドが狭くなっています。

取引手数料が業界最安

ThreeTraderの2つ目のメリットは「取引手数料が業界最安」であることです。

各海外FX業者のECN口座は、スプレッドがとても狭く設定されている代わりに外付けの取引手数料がかかります。

ThreeTraderのRawゼロ口座も同じように1ロットあたり往復4ドル(円建て口座は400円)の取引手数料が発生しますが、これは海外FX業者のなかでも最安です。

海外FX業者取引手数料 (往復/1ロット)
ThreeTrader
(Rawゼロ口座)
4ドルもしくは400円
XMTrading
(ゼロ口座)
10ドル相当額
Vantage
(RAW ECN口座)
6ドル相当額
Exness
(ロースプレッド口座)
7ドル相当額
FXGT
(ECN口座)
6ドル相当額
TitanFX
(ブレード口座)
7ドル相当額
AXIORY
(ナノ・テラ口座)
6ドル相当額
BigBoss
(プロスプレッド口座)
9ドル相当額
海外FX業者の取引手数料比較

そもそもThreeTraderのスプレッドはどこよりも狭いため、取引手数料を合わせた実質的な取引コストも業界最安です。

なお、ほかの海外FX業者は円安になると取引手数料が上がりますが、ThreeTraderの円建て口座は取引手数料が一律400円です。

日本人トレーダーであれば、ThreeTraderの円建てのRawゼロ口座を使うことでどの海外FX業者よりも取引コストを抑えることができますよ!

早朝・指標発表時のスプレッドも狭い

ThreeTraderの3つ目のメリットは「早朝・指標発表時のスプレッドも狭い」ことです。

変動スプレッド制を採用している海外FX業者は、特に日本時間の早朝・深夜や経済指標発表時のスプレッドが広がりやすいです。

一方で、ThreeTraderは早朝や深夜・指標発表時のスプレッドが広がりにくい傾向にあります。

特に指標発表時のボラティリティが高いタイミングを狙いたいトレーダーにとっては、ThreeTraderは最適な海外FX業者ですよ!

口座残高によるレバレッジ制限がない

ThreeTraderの4つ目のメリットは「口座残高によるレバレッジ制限がない」ことです。

複数の海外FX業者では、証拠金残高が増えるてくると最大レバレッジに制限がかかることがあります。

一方で、ThreeTraderには口座残高によるレバレッジ制限がありません。そのため、入金や含み益によってどれだけ証拠金残高が増えても常に最大500倍のレバレッジでトレードできます。

特に資金量が多く大ロットでトレードしたい方にとっても、ThreeTraderはとても使いやすい海外FX業者ですよ!

EA(自動売買システム)用の口座に向いている

ThreeTraderの5つ目のメリットは「EA(自動売買システム)用の口座に向いている」ことです。

ThreeTraderでは裁量トレードだけでなく、EAの稼働も認められています。特にThreeTraderはスプレッドが狭く取引コストが安いため、トレード回数が多くなるEAでの取引も非常に向いています。

また、大ロットでの取引も可能であるため、証拠金残高が多い場合でも問題なくEAを稼働できますよ!

現金や商品がもらえるポイントプログラムがある

ThreeTraderの6つ目のメリットは「現金や商品がもらえるポイントプログラムがある」ことです。

ThreeTraderでは、取引するごとにポイントが貯まる独自のプログラムがあります。FX・貴金属の取引では1ロットあたり10ポイント、仮想通貨・原油・インデックスの取引では1ロットあたり1ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、以下のキャッシュバック(現金)や商品と交換可能です。

商品ポイント数
10ドル分のキャッシュバック170 ポイント
50ドル分のキャッシュバック825 ポイント
100ドル分のキャッシュバック1,600 ポイント
500ドル分のキャッシュバック7,750 ポイント
1,000ドル分のキャッシュバック15,000 ポイント
5,000ドル分のキャッシュバック72,500 ポイント
Apple Watch Ultra 49mm36,000 ポイント
Apple Watch Series 8 45mm36,000 ポイント
iPhone 14 Pro MAX 1TB71,000 ポイント
iPhone 14 Pro MAX 512GB62,000 ポイント
iPhone 14 Pro 1TB67,000 ポイント
Google Pixel 6 Pro 5G 512GB36,000 ポイント
Galaxy S22 Ultra 5G 512GB48,000 ポイント
Galaxy Z Fold4 5G 512GB79,000 ポイント
Bose QuietComfort® Earbuds6,000 ポイント
AirPods Max12,500 ポイント
PlayStation 520,000 ポイント
Dyson 360 heurist20,000 ポイント
Beoplay A9 4th Gen64,000 ポイント
土鍋圧力IHジャー炊飯器<炊きたて> 5.5合 JPL-G100KL ミネラルブラック25,600 ポイント
Samsung G9 QLED Gaming Monitor with 1000R Curved Screen44,000 ポイント
ThreeTraderのポイントプログラム

キャッシュバックだけでなく、最新のiPhoneや家電などと交換できます。

トレードで利益を狙うのはもちろんですが、現金や商品を狙って楽しみながら取引できるのはThreeTraderの大きなメリットですよ!

出金対応が早い

ThreeTraderの7つ目のメリットは「出金対応が早い」ことです。

ThreeTraderは、スムーズに出金できることで有名な海外FX業者です。出金申請後は最短で数時間、銀行振込でも翌営業日に着金することがあります。

ThreeTraderの出金スピードは業界最速レベルなので、安心して利用することができますよ!

日本語サポートの対応が丁寧で早い

ThreeTraderの8つ目のメリットは「日本語サポートの対応が丁寧で早い」ことです。

ThreeTraderは、公式ホームページに日本語ライブチャットが用意されています。日本人スタッフの方が日本語でどんな質問に答えてくれます。

実際にSNS上には、サポートの対応が丁寧で早いという口コミが多数あります。

もし何か疑問点や不安なことがあれば、ライブチャットでリアルタイムに解決してもらえますよ!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderの口座開設~トレードを始めるまでの流れ

ThreeTraderの口座開設~トレードを始めるまでの流れ

ThreeTrader(スリートレーダー)でスムーズに口座開設をするために、手続き前に本人確認書類と現住所確認書類の画像データを用意しておきましょう。

それぞれ使える書類は以下の通りです。

必要書類使用可能な書類
本人確認書類運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
現住所確認書類公共料金明細書
銀行明細書
ThreeTraderの口座開設の必要書類

それでは、ThreeTraderの口座開設をしてトレードを始めるまでの流れを紹介していきます。

ThreeTraderでトレードを始める手順

ThreeTraderでトレードを始める手順
STEP
ThreeTraderの口座開設ページを開く
STEP
個人情報を入力する
ThreeTraderのライブ口座開設ページの画像

ThreeTraderの口座開設ページを開くと、上の写真のようなフォームが表示されます。

上から順番に個人情報を入力しましょう!

① 名名前をローマ字で入力します。
② 姓名字をローマ字で入力します。
③ Eメール有効なメールアドレスを入力します。
④ 国と地域現在お住まいの国もしくは地域を選択します。
⑤ 携帯電話番号携帯電話番号を入力します。
⑥ クライアントポータルのパスワードマイページのログインパスワードを8~15文字・大文字・小文字・数字を使って入力します。
⑦ パスワードを認証するマイページのログインパスワードを確認用で再度入力します。
ThreeTraderの口座開設フォーム

すべて入力できたら「私はロボットではありません」にチェックを入れて「次へ」を押します。

「次へ」を押すと、ThreeTraderから「ポータルサイト開設のお知らせ」というメールが届きます。登録したメールアドレスやパスワードが記載されているので、失くさないように保管しておきましょう。

STEP
追加情報を入力する
ThreeTraderのライブ口座開設ページ

続いて、上の写真のような追加情報の入力フォームが表示されるので、上から順番に入力します。

① 生年月日生年月日を日➝月➝年の順番に入力します。
② 現住所現住所を日本語で入力します。
ThreeTraderの口座開設フォーム

すべて入力できたら「次へ」を押しましょう!

STEP
口座設定を行う
ThreeTraderのライブ口座開設ページ

続いて、上の写真のように口座情報を設定する画面が開きます。

それぞれの内容について、簡単に補足しておきますね!

① 口座タイプ口座タイプを「Pureスプレッド口座」と「Rawゼロ口座」から選択します。
② 口座通貨入出金や証拠金として利用する口座の通貨を「JPY (日本円) 」と「USD (米ドル) 」から選択します。
③ 口座レバレッジ口座の最大レバレッジを1~500倍から選択します。
④ パスワードライブ口座ログイン用のパスワードを8〜15文字・大文字・小文字・数字を使って2箇所に入力します。
ThreeTraderの口座開設フォーム

すべて入力したら同意事項にチェックを入れ、最後に「提出する」というボタンを押します。

ThreeTraderから「ご申請内容について」というメールが届けば、口座開設は完了ですよ!

STEP
本人確認を行う
ThreeTraderの必要書類アップロード画面

続いて、上の写真のように本人確認の画面が開きます。

身分証明書と居住証明書の画像ファイルをそれぞれアップロードしましょう!

最後に「提出する」というボタンを押すと、通常1営業日以内に審査が行われます。審査に合格すると「お取引口座開設承認完了のお知らせ」という件名のメールが届きますよ!

提出書類に不備がある場合、ThreeTraderから追加書類を提出するように連絡が来る場合があります。指示に従って、正しい書類を再提出しましょう。

STEP
ライブ口座に入金する
ThreeTraderの資金管理ページの画像

本人確認が完了したら、実際にライブ口座に入金します。

なお、入金手順についてはThreeTraderの入金方法を参考にしてみてください!

STEP
MT4をダウンロードする
ThreeTraderのMT4ダウンロード画面

入金が完了したら、ThreeTraderの公式サイトにあるMT4ダウンロードページを開きます。

以下の手順でMT4をダウンロードし、ログインまで済ませましょう!

  1. フォームに個人情報を入力して「Submit」を押す
  2. 「ダウンロードします」というボタンを押してMT4をダウンロードする
  3. ダウンロードしたファイルを開く
  4. 取引サーバーで「ThreeTrader-Live」を選択して「次へ」を押す
  5. ログインID(取引口座番号)とパスワードを入力して「完了」を押す

ログインID(取引口座番号)とパスワードは、本人確認完了時に届いた「お取引口座開設承認完了のお知らせ」という件名のメールに記載されていますよ!

なお、MT4のダウンロード・ログイン手順を画像つきで詳しく知りたい方は、ThreeTraderの口座開設方法と本人確認手順を参考にしてみてください。

STEP
MT4でトレードを始める
ThreeTraderのMT4画面

MT4へのログインが完了したら、実際にトレードを始めましょう!

ThreeTraderでトレードを始める流れは以上になります。

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderの入金方法と手数料

ThreeTraderの入金方法と手数料

ThreeTrader(スリートレーダー)の入金方法は4つあり、それぞれの入金手数料や最低入金額などは以下の通りです。

スクロールできます
入金方法手数料最低入金額入金上限額対応通貨
クレジットカード・デビットカード無料10,000円限度なしJPY/USD
銀行送金・銀行振込無料5,000円1,000万円JPY
Bitwallet無料10,000円限度なしJPY/USD
仮想通貨無料100USDT限度なしUSDT
ThreeTraderの入金方法

ThreeTraderの入金手数料は一律で無料です。ただし銀行やBitwallet、仮想通貨取引所では手数料が別途かかる場合もあるので注意しましょう。

各入金方法を詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

2024年1月現在、クレジットカード・デビットカードでの入金は停止中です。

ThreeTraderにクレジットカード・デビットカードで入金する方法

ThreeTraderは、以前までクレジットカード・デビットカードでの入金に対応していました。

しかし、2024年1月時点でクレジットカード・デビットカード入金は停止しているので、再開されるまでは他の方法で入金しましょう!

クレジットカード・デビットカードで入金する方法
STEP
ThreeTraderのマイページにログインする
ThreeTraderのログインページの画像

まずはThreeTraderのマイページにログインしましょう!

なお、マイページへのログインにはご自身で登録・設定したメールアドレスとパスワードが必要になります。

STEP
「入金」を押す
ThreeTraderの資金管理ページの画像

続いて、マイページ上部のメニューで「資金管理」を選択します。

すると保有中のライブ口座が表示されるので、入金したい口座の項目にある「入金」ボタンを押しましょう!

STEP
入金方法を選択する

入金方法の選択画面が表示されたら、「クレジットカード入金」の項目で「選択」ボタンを押します。

STEP
入金手続きを進める

入金方法で「クレジットカード入金」を選択したら、画面の指示に従って入金手続きを進めましょう。

なお「実際の入金額」と「入力した入金額」が異なると、正しく入金されないため注意が必要です。

銀行送金・銀行振込で入金する方法

ThreeTraderに銀行送金・銀行振込で入金する方法を紹介します。

なお、ThreeTraderで入金手数料はかかりませんが、銀行側では手数料がかかる場合もあるので事前に確認してくださいね!

銀行送金・銀行振込で入金する方法
STEP
ThreeTraderのマイページにログインする
ThreeTraderのログインページの画像

まずはThreeTraderのマイページにログインしましょう!

なお、マイページへのログインにはご自身で登録・設定したメールアドレスとパスワードが必要になります。

STEP
「入金」を押す
ThreeTraderの資金管理ページの画像

続いて、マイページ上部のメニューで「資金管理」を選択します。

すると保有中のライブ口座が表示されるので、入金したい口座の項目にある「入金」ボタンを押しましょう!

STEP
銀行振込の種類を選択する
ThreeTraderの資金管理ページの画像

入金方法一覧が表示されたら、銀行振込の種類を以下の5つの中から選択します。

銀行振込の種類
  1. 国内銀行振込(オンラインバンキング専用)
  2. 国内銀行振込(三菱UFJ銀行)
  3. 国内銀行振込(GMOあおぞらネット銀行)
  4. 国内銀行振込(楽天銀行)
  5. 銀行振込(日本国外)

銀行振込の種類が決まったら、利用する振込方法の項目にある「選択」ボタンを押しましょう!

BANK WIREは米ドル(USD)での振り込みにしか対応しておらず、さらには入金反映までに1~3営業日かかるので注意が必要です。

STEP
入金額を入力する
ThreeTraderの銀行振込ページの画像

続いて、上の写真のような画面が表示されるので、入金額を入力して「提出する」というボタンを押しましょう。

なお「入力した入金額」と「実際の振込金額」が異なると、正しく入金されない可能性があります。入金時のトラブルを避けるためにも、入金額の入力ミスには注意してくださいね!

最後に「正常に送信されました」という表示が出たら、「GO」を押して次に進みます。

STEP
振込先を確認して振り込む
ThreeTraderの銀行振込ページの画像

続いて、上の写真のように振込先の情報が表示されます。振込先の情報を確認し、各銀行から振込手続きを行いましょう。

なお、銀行振込時は以下の点に注意が必要です。

銀行振込時の注意点
  • 振込人名義は「振込ID + 名前(カタカナ)」や「照会番号のみ」など、振込方法によって異なる。
  • 振込みには制限時間があり、時間を過ぎた場合は再申請が必要になる。
  • 振込先の情報は一度のみ有効なので、支払いに失敗した時や2回目以降の入金時は、振込ページを開き直す。

上記のほかにも各振込方法ごとに注意点が記載されているので、振込前に必ずチェックしてくださいね!

Bitwalletで入金する方法

オンラインウォレットの「Bitwallet」でThreeTraderに入金する方法を紹介します。

なお、ThreeTraderとBitwalletの登録名義が一致しない場合は、入金しても資金が差し戻されるので注意しましょう。

Bitwalletで入金する方法
STEP
ThreeTraderのマイページにログインする
ThreeTraderのログインページの画像

まずはThreeTraderのマイページにログインしましょう!

なお、マイページへのログインにはご自身で登録・設定したメールアドレスとパスワードが必要になります。

STEP
「入金」を押す
ThreeTraderの資金管理ページの画像

続いて、マイページ上部のメニューで「資金管理」を選択します。

すると保有中のライブ口座が表示されるので、入金したい口座の項目にある「入金」ボタンを押しましょう!

STEP
入金方法を選択する
ThreeTraderの資金管理ページの画像

入金方法の選択肢が表示されたら、「Bitwallet」の項目にある「選択」ボタンを押します。

STEP
入金額と支払い通貨を設定する
ThreeTraderの入金ページの画像

続いて、入金額と支払い通貨を設定して「提出する」というボタンを押しましょう!

なお、支払い通貨はJPYとUSDの2種類で、最低入金額は10,000円もしくは100ドルです。

最後に「正常に送信されました」という表示が出たら、「GO」を押して次に進みます。

STEP
Bitwalletで送金手続きを行う
Bitwalletの支払い画面

「GO」を押すとBitwalletの画面に切り替わるので、ログインもしくは新規登録して送金手続きを行いましょう!

送金が完了すると、ThreeTraderに入金が即時反映されます、

仮想通貨で入金する方法

ThreeTraderに仮想通貨で入金する方法を紹介します。

なお、2024年1月現在、入金に対応している仮想通貨はテザー(USDT)のみです。

仮想通貨で入金する方法
STEP
ThreeTraderのマイページにログインする
ThreeTraderのログインページの画像

まずはThreeTraderのマイページにログインしましょう!

なお、マイページへのログインにはご自身で登録・設定したメールアドレスとパスワードが必要になります。

STEP
「入金」を押す
ThreeTraderの資金管理ページの画像

続いて、マイページ上部のメニューで「資金管理」を選択します。

すると保有中のライブ口座が表示されるので、入金したい口座の項目にある「入金」ボタンを押しましょう!

STEP
入金方法を選択する
ThreeTraderの資金管理ページの画像

入金方法の選択肢が表示されたら、「USDT」の項目にある「選択」ボタンを押します。

STEP
入金額を入力する
ThreeTraderの入金ページの画像

続いて入金額を入力し、「提出する」というボタンを押しましょう!

なお口座通貨がJPYの場合、入金額は日本円換算額で入力します。「お支払い金額」の欄にはUSDT換算額が自動入力されるので、最低入金額の100USDTを超えるようにしましょう。

最後に「正常に送信されました」という表示が出たら、「GO」を押して次に進みます。

STEP
取引事項に同意する
ThreeTraderの仮想通貨入金画面

「GO」を押すと「取引に関するお知らせ」が表示されます。

内容を確認して問題がなければ、チェックマークを入れて「取引を続行します」というボタンを押しましょう!

STEP
ネットワークを選択して送金する
ThreeTraderの仮想通貨入金画面

続いて、送金に使用するネットワークで「USDT-TRC20」と「USDT-ERC20」のどちらか1つを選択します。

ネットワークを選択できたら、表示されたウォレットアドレスをコピーし、仮想通貨取引所やウォレットの送金画面に貼り付けてUSDTを送金しましょう。ちなみに、QRコードをスキャンしてウォレットアドレスを自動入力することも可能です。

送金処理が完了すると、ThreeTraderにUSDTが即時反映されます。

ウォレットアドレスやネットワークを間違えると送金通貨を失ってしまうので、ミスがないかを送金前に必ずチェックしてくださいね!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderの出金方法と手数料

ThreeTraderの出金方法と手数料

ThreeTrader(スリートレーダー)の出金方法は4つあり、それぞれの出金手数料や最低出金額などは以下の通りです。

スクロールできます
出金方法手数料最低出金額出金上限額対応通貨
クレジットカード・デビットカード無料10,000円入金金額までJPY/TWD
銀行送金無料10,000円100万円JPY/TWD
Bitwallet無料10,000円上限なしJPY/USD
仮想通貨無料100ドル相当上限なしUSDT
出金方法別詳細情報

ThreeTraderの出金手数料は一律で無料です。ただし銀行やBitwallet、仮想通貨取引所では手数料が別途かかる場合もあるので注意しましょう。

またThreeTraderでは、入金した金額分までは入金と同一方法で出金する必要があります。一方でトレードで得た利益は、銀行送金もしくはBitwalletで出金するのが基本です。

各出金方法を詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

2024年現在、クレジットカード・デビットカードでの出金は停止中です。

クレジットカード・デビットカードで出金する方法

ThreeTraderは、以前までクレジットカード・デビットカードでの出金に対応していました。

しかし、2024年1月時点でクレジットカード・デビットカード出金は停止しているので、再開されるまでは他の方法で出金しましょう!

クレジットカード・デビットカードで出金する方法
STEP
ThreeTraderのマイページにログインする
ThreeTraderのログインページの画像

まずはThreeTraderのマイページにログインしましょう!

なお、マイページへのログインにはご自身で登録・設定したメールアドレスとパスワードが必要になります。

STEP
「出金」を押す
ThreeTraderの資金管理ページの画像

続いて、マイページ上部のメニューで「資金管理」を選択します。

すると保有中のライブ口座が表示されるので、出金したい口座の項目にある「出金」ボタンを押しましょう!

STEP
出金方法を選択する

出金方法の選択画面が表示されたら、クレジットカード・デビットカードでの出金を選択します。

STEP
出金手続きを進める

最後に、画面の指示に従いながら出金手続きを進めましょう!

なお、クレジットカード・デビットカード出金では、入金した金額分までしか出金はできません。

銀行送金で出金する方法

ThreeTraderから銀行送金で出金する方法を紹介します。

なお、銀行振込で入金した金額分までは、入金時と同じ銀行口座へ出金する必要があるので注意しましょう。

また、出金額が100万円を超える場合は複数回に分けて送金される可能性があります。

銀行送金で出金する方法
STEP
ThreeTraderのマイページにログインする
ThreeTraderのログインページの画像

まずはThreeTraderのマイページにログインしましょう!

なお、マイページへのログインにはご自身で登録・設定したメールアドレスとパスワードが必要になります。

STEP
「出金」を押す
ThreeTraderの資金管理ページの画像

続いて、マイページ上部のメニューで「資金管理」を選択します。

すると保有中のライブ口座が表示されるので、出金したい口座の項目にある「出金」ボタンを押しましょう!

STEP
出金方法を選択する
ThreeTraderの資金管理ページの画像

出金方法一覧が表示されたら、「日本円出金」の項目にある「選択」ボタンを押しましょう!

STEP
出金情報を入力する
ThreeTraderの銀行送金ページの画像

続いて、上の写真のような入力フォームが表示されるので、以下の出金情報を入力します。

  • 出金金額(取引口座残高が100ドルまたは10,000円以上の場合、1回あたりの出金金額は100ドルまたは10,000円以上必要)
  • 銀行口座名義(ローマ字)
  • 銀行口座名義人(漢字)
  • 銀行口座名義(カタカナ)
  • 銀行名(日本語)
  • 銀行コード
  • 銀行支店名(日本語)
  • 支店コード
  • 銀行の口座番号
  • 口座の種類(普通/当座/貯蓄)
  • 住所(日本語)

入力内容に問題がなければ、最後に「提出する」というボタンを押すと出金申請が完了します。その後、1~3営業日ほどで銀行口座に着金しますよ!

なお「出金情報を保存する」にチェックを入れて「出金情報名」を入力しておくと、次回以降の出金時に情報を入力する手間が省けます。

Bitwalletで出金する方法

ThreeTraderからBitwalletに出金する方法を紹介します。

Bitwalletへ出金できるのは、入金時にBitwalletを利用したユーザーのみです。

また、出金額が入金額よりも少ない場合は、Bitwalletだけではなく国内銀行送金でも出金することができますよ!

Bitwalletで出金する方法
STEP
ThreeTraderのマイページにログインする
ThreeTraderのログインページの画像

まずはThreeTraderのマイページにログインしましょう!

なお、マイページへのログインにはご自身で登録・設定したメールアドレスとパスワードが必要になります。

STEP
「出金」を押す
ThreeTraderの資金管理ページの画像

続いて、マイページ上部のメニューで「資金管理」を選択します。

すると保有中のライブ口座が表示されるので、出金したい口座の項目にある「出金」ボタンを押しましょう!

STEP
出金方法を選択する
ThreeTraderの資金管理ページの画像

出金方法一覧が表示されたら、「Bitwallet」の項目にある「選択」ボタンを押しましょう!

STEP
出金情報を入力する
ThreeTraderの出金ページの画像

続いて、上の写真のような入力フォームが表示されるので、入金希望額とBitwalletの登録メールアドレスを入力します。

なお、1回あたりの最低出金額は10,000円または100ドルです。

すべて入力した後に「提出する」というボタンを押すと、出金申請が完了します。その後、基本的に1営業日以内にはBitwalletに入金が反映されますよ!

仮想通貨で出金する方法

ThreeTraderから仮想通貨で出金する方法を紹介します。

なお、2024年1月現在、出金に対応している仮想通貨はテザー(USDT)のみです。

仮想通貨で出金する方法
STEP
ThreeTraderのマイページにログインする
ThreeTraderのログインページの画像

まずはThreeTraderのマイページにログインしましょう!

なお、マイページへのログインにはご自身で登録・設定したメールアドレスとパスワードが必要になります。

STEP
「出金」を押す
ThreeTraderの資金管理ページの画像

続いて、マイページ上部のメニューで「資金管理」を選択します。

すると保有中のライブ口座が表示されるので、出金したい口座の項目にある「出金」ボタンを押しましょう!

STEP
出金方法を選択する
ThreeTraderの資金管理ページの画像

出金方法一覧が表示されたら、「USDT」の項目にある「選択」ボタンを押しましょう!

STEP
出金情報を入力する
ThreeTraderの出金ページの画像

続いて、上の写真のような入力フォームが表示されるので、出金希望額とUSDTアドレスを入力します。

ちなみに、ネットワークは「TRC20」で固定されています。入金時に「ERC20」を使用した場合でも、出金時は「TRC20」のUSDTアドレスを貼りつけてくださいね!

出金額やUSDTアドレスに誤りが無いことを確認したら、最後に「提出する」というボタンを押しましょう。その後、基本的に1営業日以内にはUSDTが反映されますよ!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderの日本語サポートについて

ThreeTraderの日本語サポートについて

ThreeTrader(スリートレーダー)は週5日・24時間体制の日本語サポートが用意されているため、日本人でも安心して利用できる海外FX業者です。

具体的なサポートの連絡先は以下の通りです。

問い合わせ方法問い合わせ先営業時間
日本語ライブチャット公式ホームページ平日 9:00〜20:00
日本語サポートメール[email protected]24時間
ThreeTraderの問い合わせ先

日本語ライブチャットとサポートメールのどちらで問い合わせても、日本語で丁寧な対応をしてもらえます。

ただ、もし急ぎの質問がある場合は、リアルタイムで返信がもらえる日本語ライブチャットの利用をおすすめしますよ!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

ThreeTraderの評判に関するよくある質問

ThreeTrader(スリートレーダー)の評判はどこで確認できますか?

ThreeTraderの評判はGoogleなどでの検索やX(旧Twitter)などのSNS、FX業者の口コミサイトであるFPA、また2chや5chなどの掲示板で確認することができます。

ThreeTraderはどこの国の海外FX業者ですか?

ThreeTraderはバヌアツ共和国に本社を置く海外FX業者です。オーストラリアのシドニーにもオフィスがあり、日本人スタッフも働いています。

ThreeTraderで出金拒否されることはありますか?

ThreeTraderで出金拒否されることはなく、ネットやSNS上にも出金拒否の噂はありません。一方で、ThreeTraderの利用規約で禁止されているような裁定取引(アービトラージ)を行うと出金拒否・口座凍結の可能性があります。

ThreeTraderでキャッシュバックを受け取ることはできますか?

ThreeTraderでは取引ごとにポイントが貯まり、貯まったポイントをキャッシュバック(現金)と交換することができます。

ThreeTraderでは両建て取引が可能ですか?

ThreeTraderでは両建てが認められています。複数口座・複数業者をまたいだ両建ても禁止されていません。

ThreeTraderの最低入金額はいくらですか?

ThreeTraderの最低入金額は10,000円です。なお、Rawゼロ口座は最低入金額が10万円に設定されています。

ThreeTraderではデモ口座を開設できますか?

ThreeTraderでは、新規登録後にマイページからデモ口座を開設可能です。

ThreeTraderでは確定申告が必要ですか?

ThreeTraderを使ったトレードで利益が出たら、確定申告が必要です。詳しいやり方については海外FXの税金まとめをご覧ください。また、海外FXの税金計算シミュレーションツールで税額の目安額を計算することが可能です。

【まとめ】ThreeTraderの評価・評判・口コミ

ThreeTrader(スリートレーダー)の評価や評判・口コミについて紹介しました。

ThreeTraderは運営歴こそ浅いものの、TMGMという巨大FXブローカーの後ろ盾があり、スプレッドは海外FX業者のなかでも最狭です。

特にスキャルピングがメインというトレーダーは、手数料で損しないためにも必ずThreeTraderのRawゼロ口座を利用しましょう!

\ スプレッド最狭の海外FX業者はココ! /

公式サイト:https://threetrader.com/

本記事は以上になります。

コメント・シェアお待ちしています!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Vantage Mediaは、Vantage Prime Trading Limitedが監修・運営するインターネットメディアです。Vantage Media編集部は実際に海外FX業者のオフィスを訪問し、担当者との情報交換で得た情報をもとに記事を執筆しています。Vantage Mediaでは、海外FX業者の使い方からボーナス・レバレッジ・スプレッドといった詳しい情報について、正確性・迅速性に重点を置いて解説しています。

コメント

コメントする

目次